ブログ

Blog

ブログ記事

フランス語の”あいさつ”②

みなさまBonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

前回は、フランス語の”あいさつ”, ”こんにちは”についてお話しをしました。
今回は、別れ際のあいさつについてお話しをしたいと思います!

日本語でも、別れ際のひと言はたくさんありますね。
さようなら、じゃあ、また、あとでね、また明日!、などなど。
フランス語も同様に、いろいろな挨拶の仕方があるんですよ。

一番良く使われるのは、”Au revoir(オールヴワール)”。
これは”さようなら”という意味です。
いつでも、どこでも、誰に対しても使える便利なあいさつです。
この後に、相手の名前や、名前のわからない相手なら”Monsieur/Madame”を付けると、
ぐっと丁寧な印象を与えます。
フランス語教室、フランス語あいさつ
それから、”またあとでね”という言葉もよく使います。次にいつ会うかによって使い分けます。

1. ”À tout de suite(ア トゥ ドゥ スュイットゥ)”:
”今すぐ”を意味する”tout de suite”が表すように、別れの直後にすぐ会う場合に使います。
”ちょっとコンビニ行ってくるね”、”オッケー、à tout de suite”という感じ。

2. ”À tout à l’heure(ア トゥ タ ルー)”:
例えば、午前中に会って、午後にも会う相手へ使います。

そして、”またね/また近いうちにね”と、次に会う日/時はわからないけど、”またいつかね!”
という気持ちを込めた挨拶が、”À bientôt(ア ビヤント)”。

さらに強く再会を望むのなら、”À très bientôt(ア トレ ビヤント)”!

”À plus tard(ア プリュ タール)”も、”またね”という意味ですが、
”À bientôt(ア ビヤント)”よりももっと近い、翌日や翌々日あたりを指す時に使います。

また、”今晩ね”、”明日ね”、”土曜日にね”と言いたい時は、それぞれの単語の前に”À”を付けるだけ。
つまり、”À ce soir(ア ス ソワー)”、”À demain(ア ドゥマン)”、
”À samedi(ア サムディ)”といった風に使うわけです。

先ほど見た”Au revoir”の後に付ければ、”Au revoir, à samedi!”
”さようなら、また土曜日に!”となりますね~。

他にも、いろいろありますよ。
例えば、”良い一日を”、”素敵な夜を”、”楽しい週末を”と伝えたければ、
順に、”Bonne journée(ボンヌ ジュルネ)”、”Bonne soirée(ボンヌ ソワレ)”、
”Bon week-end(ボン ウィークエンド)”を使います。

フランス語教室、フランス語あいさつ

日本では、あまり”良い一日を”とは言いませんが、フランスでは誰もが口にします。
どんどん使って、いろいろな挨拶を是非、自分のものにしてくださいね!

それでは、à la prochaine!
(ゆみこの定番”à la prochaine(ア ラ プロシェンヌ)”は、
”à la prochaine fois”の”fois/回”を省略したもの。”また次回!”という意味です♪)

ゆみこ

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


DATE : 2018.10.19