ブログ

Blog

ブログ記事

フランス語学校 スタッフブログ パリで食す最高級の生ハム

Bonjour りょうこです。

なかなかパリに行く機会がない私ですが、パリの情報は生徒さんからよく教えて頂きます。

話題のお店のお菓子をお土産に頂いたり、お店のお話しを伺ったり・・・
あ~私が行きたいっ!

そんな、生徒さんから伺ったおすすめのお店の中で、最近気になったお店をひとつご紹介します。

Bellota Bellota

フランスのブランドですが、スペインのイベリコ豚の生ハムが有名なお店です。
サイトはこちら

フランス語学校

フランスなのに何故スペイン?まあそれはこの際深く考えず・・・
フランスらしいエスプリで、見事な世界観が表現されているように思います。

このブランドについての様々な記事を見ていると、
どうやら私たちが普段日本で食べている生ハムとは全く違うもののようです!!
イベリコ豚は日本でも人気であちこちで目にしますが、実は”本物”でないものも多いとか。

一方でこのBellota Bellotaで取り扱っているイベリコ豚は、正真正銘最高級のイベリコ豚。
約5年をかけて熟成されて生ハムになって・・・
それを専門のスタッフがその場でスライスしてくれます。

上の写真にもありますが、ポイントはこのお皿↓
フランス語学校
適度に温められた生ハムの脂分が良い具合に溶け出し、絶妙なんだそうです。
う~ん、想像するだけでよだれが・・・

こちらのページには、本物のイベリコ豚の方程式が書かれています。
これをみると、希少であることがよく分かります。

シャルルドゴール空港やリヨンにも店舗があるようですので、私も機会があれば行ってみたいものです。

皆さんもパリへ行かれた際にはいかがですか?
何か、美味しいお土産も見つかりそうな感じですね。

フランス語学校

※画像は全てBellota Bellotaのサイトより引用


*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


DATE : 2018.11.06