トップページ > ブログトップ > ヴィシソワーズ Vichyssoise

フランス語学校 ブログ

ヴィシソワーズ Vichyssoise

2014.07.21 Blog ブログ

フランス
Bonjour りょうこです。

毎日暑いですね〜!そろそろ都内も梅雨明けでしょうか??
こんなに暑いと食欲が・・・という方も多いかと思いますが、
私は変わらず食欲旺盛です!(苦笑)

さて、暑い夏にぴったりな一皿をご紹介します。
ヴィシソワーズVichyssoiseです。じゃがいものスープです。

私のは、葱の代わりにたまねぎを使ってシンプルに自己流ですが
とっても簡単ですのでミキサーがあれば是非お家でもお試しを!
温かくても冷たくてもいけるので、私は年中通してよく作ります。

☆材料☆

タマネギ(葱)

じゃがいも

お好みで人参やかぼちゃを入れても野菜のポタージュっぽくて美味しいです。

牛乳もしくは豆乳

ローリエ これが1枚入るだけでスープの味が変わるので冷蔵庫に常備しておくと良いですよ!

塩・こしょう

生クリーム お好みで

バター お好みで


量は・・・・私はいつもテキトーですが、何とかなります!

でもじゃがいもが多すぎるとミキサーがまわらなくなってしまうので23個で十分でしょう。

まずタマネギ(葱)を鍋で弱火でいためて一口大くらいに切ったじゃがいも(+他の野菜)を入れます。
その後、野菜がうまる位のお水を入れてローリエを入れて、煮込みます。(カレーの始めの野菜を煮込む要領で)
あとで牛乳(もしくは豆乳)が加わるので、塩は少ししっかり目の味付けにしておきます。

野菜に火が通った後、スープのあら熱を取ります。これでシンプルな野菜スープができます。

(私は煮込み料理にはル・クリーゼの鍋を使います。このような煮込みなら、最初に10程度煮込んで火を消せば後は余熱でじっくり・・・野菜の味がとてもよくでますよ!)
食べる分だけ、この野菜スープをミキサーに入れ、牛乳(もしくは豆乳)を入れミキサーをON

本当はこの際に漉すとマイルドな口当たりになるのですが、漉さなくても十分いけますよ。
塩・こしょうで再度味を整えて出来上がり!

お好みでバター(温かいうちに)や生クリームを入れてもコクが出て美味しいです。おすすめです。
加工品のコンソメは私は使いません。野菜の甘みがとても美味しいです。

私のなんちゃってVichyssoiseはどちらかというとポタージュに近いかもしれませんが
夏は冷蔵庫に入れておいてよく冷やして頂きます。
寒い季節はクリーミーに仕上げて温かいスープを頂きます。

私は豆乳で作ることが多いですが、軽い口当たりになってヘルシーです!

意外とお野菜が沢山摂れて便利なスープです。

残った野菜スープに飽きたら、味付けを変えたりカレーにしたりもできるので
これまたぐうたらな私にはぴったりなのです!

bon appétit! 召し上がれ!

*********
恵比寿でフランス語  ア・ラ・フランセーズ フランス語学校


ページのトップへ