ブログ

Blog

ブログ記事

フランス語で”おいしい”って何て言う?

みなさまBonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

今回はフランス語の”おいしい”にはどんな言い方があるのかみてみたいと思います~。
また、食事の時の便利なひとことについても少しお話ししますね!

フランス人との食事、フランスのレストランでの食事、、、
食事の際、みなさんはいつもどんな言葉を使いますか?
実はフランス語には、簡単で相手に気持ちが伝わる言葉がいっぱいあります!

フランス語学校

例えば、”おいしいです”。よく目にしたり耳にしたりするのは、”C’est bon !”ですね。
”とてもおいしいです”と強調したいなら、”C’est très bon !”となります。
すでにご存じの方は大勢いらっしゃいるでしょうし、フランス人もしょっちゅう使ってます。

でも・・・”C’est bon”を繰り返していてはつまらない、
”C’est bon”だけでは言い足りない、だってもっと美味しいんだからね、という方へ。
次の言葉はいかがでしょう!

C’est délicieux.(セ デリシュー)
C’est excellent.(セ テクセロン)
C’est divin.(セ ディヴァン)
C’est savoureux.(セ サヴルゥー)
C’est succulent.(セ シュキュロン)
C’est exquis.(セ テクスキ)

すごいですね、さっと書き出してもこれだけの表現があります(他にもありますが、とりあえずこれだけ!)。 

もちろん、それぞれ違いはあります。
例えば、”C’est délicieux”や”C’est excellent”は同じ程度を表しますが、
”C’est bon”よりもっと美味しさを表す時に使います。
”C’est divin”は、上記の中では(人にもよるかもしれませんが)、おいしさのレベルでは一番。
”C’est savoureux”と”C’est succulent”は少しテクニカルな言葉なので、普段の会話にはあまり出ないみたいです。
最後の”C’est exquis”は、宮廷で使うような言葉のようで、今ではあまり使わないそう。
使うと笑われるかもしれません。笑わせてみたい時に是非。おほほほ

次に・・・食べる前に、”おいしそうだね”と伝える言い方をみてみましょう!

C’est appétissant.(セ タペチソン) (食欲そそるね~)
Ça a l’air bon.(サ ア レール ボン) (おいしそう)
Ça sent bon ! (サ ソン ボン) (いいにおい!)

フランス語学校

”Ça a l’air bon.”の、”avoir l’air + 形容詞”は、”~のように見える”という意味があります。
食べること以外のシーンでも、例えば、Elle a l’air sympathique(彼女、感じが良さそうだね)、
のように使うことができます。

そして、食卓に着いて、”いただきます!”。
日本語で”いただきます”は、食事に携わってくれた方々への感謝、食材への感謝を表します。
フランス語には、これと同じ意味をもつ挨拶はありませんが、食事をする人に掛ける挨拶がありますよ。

それは・・・”Bon appétit ! ”(ボナペチ)。聞いたことありますね!
いっしょに食事をする相手に、または自分は食事をしていなくても
食事している人を見かけたらその人に、”Bon appétit ! ”と声を掛けましょう!
そして、声を掛けられたら、”Merci !”を忘れずに~~。

最後に、おいしかったことを伝えたければ、”C’est bon !”ではなく、
過去形(半過去)の”C’était bon !”(セテ ボン)を使いましょう! 

たくさん食べてお腹いっぱいと伝えたいなら、”J’ai bien mangé !”(ジェ ビヤン モンジェ)。

お料理を作ってくれた方への感謝の気持ちを是非、この言葉で!

それでは、à la prochaine!

ゆみこ

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


DATE : 2018.09.11