トップページ > ブログトップ > パリのプール(piscines parisiennes)

フランス語学校 ブログ

パリのプール(piscines parisiennes)

2018.07.20 Blog ブログ

みなさまBonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

今回は、パリのプールについてお話したいと思います。

パリには東京と同じように市民プールがあります。その数39!
パリは20区ありますから、一区につき約2つのプールがあるわけですね。

夏になると、このうち8つのプールはとても開放的になります。
屋根がなくなり、太陽の下で泳ぐことができるのです!気持ちよさそう~~

フランス語学校、パリ情報

他にもいろいろな趣のあるプールがありますよ。
例えば、13区のセーヌ河沿いにあるプール”Piscine Joséphine Baker(ピッシーヌ ジョセフィンベイカー)”。
特徴は、セーヌ河で泳いでると錯覚してしまうところ? 面白いですね!5ユーロで楽しめます。

フランス語学校、パリ情報
(Piscine Joséphine Baker)

フランス語学校、パリ情報
(プールが・・・浮いてます)

そして少し前から噂の”Piscine Molitor(ピッシーヌ モリト―ル)”。
ブローニュの森のすぐ横にあります。
アールデコ調に建てられたこちらのプール、1929年にお目見え。
残念ながら人気がすたれ1989年に閉鎖されました。
その後20年以上放置されましたが、なんと2014年に見事復活!
今はプールを中心にとしたホテルとして存在感を発揮しています。

フランス語学校、パリ情報
(ホテル モリトールの外観)

フランス語学校、パリ情報
(プール モリトール)

ホテルの部屋はプールを囲んで作られています。
部屋のテラスでカクテル飲みながら、プールの様子を見て楽しむことができます。
ご旅行先のお宿としていかがでしょうか。
ちなみに・・・プールだけの使用はできません。残念!

夏はやっぱり泳ぐに限りますね!
みなさま、bonnes vacances !

ゆみこ

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ