ブログ

Blog

ブログ記事

星の王子様サン=テグジュペリの名言 8/11

Bonjour c’est Fred,

『星の王子様/Le Petit Prince』の著者、サン=テグジュペリ Antoine de Saint Exupéry は、 1944年7月に戦争でパイロットとして亡くなる前、ある将軍宛に手紙を書きました。 この手紙は日本ではあまり知られていませんが、サンテグジュペリの名言がここにも多く記され、
貴重な内容ですので、何カ所か抜粋したものを日本語で日本人スタッフ達と一緒に翻訳したいと思います。

星の王子様

知られざる星の王子様のサン=テグジュペリの手紙 今日は8回目です。

Mais aucun de ceux-là ( les marins bretons d’autrefois et la Légion étrangère ) ne manquerait de respect à une gardeuse d’oies.
しかし、その当時の人々(昔のブルターニュの水夫たちと外人部隊)は、鷲の女番人への敬意すらも怠らなかった。
L’homme d’aujourd’hui, on le fait tenir tranquille, selon le milieu, avec la belote ou avec le bridge.
それなのに今の人々は、ブロットやブリッジといったトランプ遊びによって大人しくさせられてしまう。
Nous sommes étonnamment bien châtrés. Ainsi sommes-nous enfin libres.
私達は驚くほどに去勢されており、そのため、自由なのだ。
On nous a coupé les bras et les jambes, puis on nous a laissés libres de marcher.
腕と脚を切り落とされたうえで、歩く自由を与えられる。
Mais je hais cette époque où l’homme devient, sous un totalitarisme universel, bétail doux, poli et tranquille.
私は、世界的統一主義のもとで、人が大人しい家畜となってゆくこの時代を憎んでいる。
On nous fait prendre ça pour un progrès moral !
さらに、それを精神的進歩だと捉えているのだ!




続く…


タグ: , , , , DATE : 2019.08.09