トップページ > ブログトップ > フランス・パリ:レ・アールとその周辺

フランス語学校 ブログ

フランス・パリ:レ・アールとその周辺

2018.08.27 Blog ブログ

みなさまBonsoir ! こんばんは!
ゆみこです。

今回は、新しいレ・アールのことについてお話ししたいと思います。

”レ・アール Les Halles”というのは、パリ1区にある大きな駅で、メトロだけでなく、
郊外電車RERも走るパリの中心地ともいえる場所です。

そのレ・アールには、”フォーラム・レ・アール”という巨大ショッピングモールがあり、
FNAC(フナック。書籍や電化製品を売るチェーン店)や映画館、かわいいお店がたくさん入っています。

レ・アール周辺を美しくしようと大規模な工事がと2011年に始まり、5年後にはすっかり変わり、
そこにとてもモダンな姿が現れました。その名は”ラ・カノペ La Canopée”!
フランス語学校

フランス語学校
(La Canopéeの外観と内観)

”canopée”とは、日本語で”林冠”という意味です。日本語でもあまり聞きなれない名ですが、
森林において、太陽光線を直接受ける高木の枝葉が茂る部分を指します(wikipediaより拝借)。

18000枚のガラスの葉で覆われた天蓋付の大空間。ガラスを通して自然光が入り込み、
まるで森の中にいるような感覚になります。
(激しい雨の時は雨が思い切り入り込んでくるらしいですが、これも自然を体感するための計算のうち?)

そして今年5月には、パリ市のヒダルゴ市長によって、”ネルソンマンデラ公園 le jardin Nelson Mandela”の
除幕式が行われました。この敷地のなかには、子供向けの遊び場や大人が静かに過ごせる場所があります。
パリの中心地で、緑に囲まれた憩いの場があるというのは良いものですね。
フランス語学校

フランス語学校
(le jardin Nelson Mandelaの様子)

一部はまだ工事中のようですが、2019年にはすべてが完成するそう。
お近くをお通りの際は是非!

(※写真はフランス観光局サイトより)

それではÀ la prochaine!

ゆみこ

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ