ブログ

Blog

ブログ記事

何百万もの命を救った羊飼いの子供 その2

2)“ファティマの奇跡”をきっかけに、ポルトガルが中立な姿勢を取り戦争に加わらなかった事で、世界の歴史が大きく変わったこと。

Bonjour フレッドです。
前回のパート1(こちらから)に続き今回は、中立な立場をとったポルトガルによってどんな影響があったのかについて、いくつかのサイトをもとにご紹介してみたいと思います。

まずはこちらのWIKIPEDIAに記載されているポイントのいくつかを意訳してみます。
学校で教わることがない、ヨーロッパの歴史の一場面としてとても興味深いでしょう。

«  Du point de vue britannique, la non-belligérance portugaise était essentielle afin de prévenir l’Espagne d’entrer dans la guerre aux côtés de l’Axe »
”イギリスの視点から見ると、スペインがドイツ陣営側に加わらないようにするためには、ポルトガルの反戦・中立な立場は欠かすことができませんでした。”

ファティマの奇跡
Jacinta(7), Lucia(10), Francisco(9)

« En novembre 1943, l’ambassadeur britannique à Lisbonne, Sir Ronald Campbell, écrivit que « la stricte neutralité était le prix que les Alliés payaient pour les avantages stratégiques provenant de la neutralité du Portugal, et que si, sa neutralité au lieu d’être stricte avait été plus bienveillante en faveur des Alliés, l’Espagne se serait inévitablement jeté corps et âme dans les bras de l’Allemagne. Si cela s’était produit, la péninsule aurait été occupée puis l’Afrique du Nord, avec pour résultat que tout le cours de la guerre en aurait été modifié au profit de l’Axe »
”1943年11月、在ポルトガル・リスボンのイギリス大使であるRonald Campbellはこう書きました。「ポルトガルが完全な中立の姿勢だったからこそ、スペインはドイツ陣営へ加わることがなかった。もしスペインが戦争に参加していたら、アフリカ北部へまでドイツ陣営の占領は広がり、戦争の流れは日独伊側にとって有利になってしまっていただろう。」”



次に、ポルトガルが当時中立な立場をとった経緯と、3人の羊飼いの子供達による”奇跡”との関係を いくつかの記事の中の一部を取り上げながらご紹介してみたいと思います。
なお、ポルトガルは1910に革命がおき、王政を排除し、反カトリックである共和政に移行していた時代背景を念頭に置いた上で読んでみてください

まずはこちらから:
WIKIPEDIA

«Très tôt, le pouvoir politique se sent menacé par les « apparitions » se déroulant à Fatima. »
”1917年、当時権力を握っていた政府(極反カトリック派)は、Fatimaで起きた(3人の子供達の前に聖母マリアが現れたという)現象を危険なことと認識し恐れていました。”


«le 22 octobre 1917, le « lieu des apparition » est profané, et le 6 mars 1922 la chapelle des apparitions (construite en 1919) est « dynamitée par des anticléricaux »
”1917年10月22日にこの現象があった場所は破壊され、1922年3月6日には記念のチャペルが反キリスト教の人々によって爆破されたのです。”


«Les apparitions de Fátima sont politisées avant même la survenue du « miracle ». Le lendemain du phénomène céleste,  des élections municipales ont lieu et voient l’échec du parti au pouvoir avec la victoire de la droite. »
”Fatimaでの6回にわたる聖母マリアの出現は、のちに“奇跡”と呼ばれるその最後の現象より前から、政治的に利用されていました。その“奇跡”の翌日には地方選挙があり、当時権力を握っていた政党は負け、右派(カトリック派)が勝利しました。”



«Les catholiques portugais perçoivent dans l’apparition une intervention les rappelant à leur identité, que prétend gommer le régime en place »
”ポルトガル人のカトリック信者達にとっては、この現象(子供達の話、現実になった予言、不思議な現象)を、当時の政権が消し去ろうとしていた自分たちのアイデンティティ(カトリック、つまり反共和国)と伝統を思い起こさせるための神からのサインだと認識していました。”


次にこちらの内容を読むと:
«Salazar met en place l’Estado novo (l’État nouveau), un régime autoritaire, conservateur, catholique et nationaliste. L’État nouveau est anti-communiste mais ne prétend pas développer la puissance de l’État en un régime fasciste. »
”アントニオ・サラザール(Salazar)は、エスタド・ノヴォ(Estado novo)という新政権をスタートさせました。これはカトリックそして反共産主義でありながら、ファシストを推進するものではありませんでした。(日本語で読むwikiとは書き方が異なります・・・どんな記事や歴史も、語る人の立場によって角度が異なるものです)”


Salazar大統領の言葉1↑(英語)

«Le régime a pour devise officielle : « Dieu, Patrie, et Famille » »
”この新体制のスローガンは、“神、祖国、そして家族”でした。”


Salazar大統領の言葉2↑(英語)

サラザールとファティマの関係性については、こちらのリンクにも詳しく書かれています。
«Le 12 mai 1929, en compagnie du Président de la République et de plusieurs membres du gouvernement, il se rendit en pèlerinage officiel à Fatima. »
”1929年5月12日、サラザールと当時の共和国大統領は、政府の主要メンバー達と共、Fatimaの地を巡礼しています。”


«Sœur Lucie écrit à Mgr da Silva : « Le bon Dieu veut que Nos Seigneurs les évêques, pendant le peu de jours qui nous restent avant les élections, parlent au peuple, par l’entremise du clergé et de la presse, pour dire que Salazar est la personne qu’Il a choisie pour continuer à gouverner notre patrie, que c’est à lui que seront accordées la lumière et la grâce pour conduire notre peuple par les chemins de la paix et de la prospérité. »
Luciaファティマの奇跡を経験した子供達の一人であり、Jacinta のいとこ)は、とあるポルトガルの教会幹部にこう書いています。「神は、サラザールに国を指揮し平和と繁栄へ導いてほしいと言っている。ポルトガルの教会の上層部やメディアにこれを広めてほしい」”


LuciaとSalazar大統領

そしてこのリンクの内容を読んでみると、サラザール氏とファティマでの現象の関係が詳しく書かれています。

次回パート3は、この羊飼いの3人の子供達の、現実になった予言の内容を紹介したいと思います。

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


DATE : 2020.02.01