ブログ

Blog

ブログ記事

何百万の命を救った7歳の羊飼いの少女 その1)

1)はじめに

« Ne pas mentir, dire toujours la vérité, quoi qu’il en coûte. » Jacinta, 7ans

“何がどうあっても、嘘をついてはいけない、常に真実をいう事” Jacinta, 7歳

今からちょうど100年前 (1920年2月20日)、この羊飼いの少女Jacintaは9歳で亡くなりました・・・

こんにちは、フレッドです。
昨年は星の王子さまで有名なサンテグジュペリの手紙について、全11回シリーズで彼が残した名言をお伝えしました。
今年は今日から5回にわたり、このポルトガル人の羊飼いJacintaが関わった現象と歴史との関連性についてお話していきます。

本ブログタイトルにもある通り、どうやって当時7歳の羊飼いJacintaは何百万もの命を救ったというのか?またその背景にはどんなヨーロッパの歴史があったのか?

そして
現在流行っている”温暖化をはじめとした環境主義”イデオロギーとの関係とは?
どうして彼女の願いをすべて聞いていたら、さらに多くの命を救えたかもしれないのか?
彼女の言葉と現在の私達の日常生活との深い関係とは?

以上のような観点から、
学校では教わることのない、ヨーロッパの歴史の一場面としてご紹介していきます。

Jacinta Marto キリスト教 カトリック ヨーロッパの歴史
Jacinta,7歳

フランスとは直接ではなくても、その歴史背景から大きな関係があります。
*******

1917年、この7歳の羊飼いの少女Jacintaと9歳の兄そして10歳のいとこはポルトガルに大きい影響を与えました。ポルトガルはその後の二次世界戦争に参加せず、それによりスペインも不参加、犠牲者をおさえることができたと言えるでしょう。

きっかけは、この1917年の10月13日に起きた不思議な現象です。Jacintaをはじめとした3人の子供達は、この3ヶ月前に、これから起こるこの不思議な現象を予言していました。

Jacinta Marto キリスト教 カトリック ヨーロッパの歴史 ファティマの奇跡
Lucia (10), Francisco(9), Jacinta(7)

彼らが日時を正確に予言できたことで、それは7万人以上が目撃できる不思議な現象でした。これは“ファティマの奇跡” « Le miracle de Fatima»と呼ばれています。
自然現象であるか宗教的な現象であるかは別として、子供達が予言していたことが正確だったことから、後のこの子供達の他の予言についても、ポルトガル人は信じるようになりました。

そして政府の選択肢へも大きな影響を与え、戦争に参加しないことへつながったわけです。この点でも、フランスにも大きい影響があったと言えるでしょう。

しかし残念なことにこの3人の子供達の願いのうちの1つである、ロシアに関する内容(左翼的傾向、仏:gauchisme 英:leftism の危険性*)に関しては、一度も聞き入れられる事がありませんでした。
20世紀、地球上のいくつかの国では、gauchismeの1つである共産主義は100万人以上もの死者を出しました。そしてgauchismeが及ぼす悲劇は、現在に至るまで続いています。(現在のロシアはgauchismeではないと私は思います)
*右・左とは、国や時代背景や立場からも変わることがあります。このブログで言うgauchismeとは、右が“王政(カトリック)派”であるのに対して、左が“反王政(反カトリック)派”という革命推進の立場を示します。
なお、ここ最近のフランスの教育大臣の中には、”révolution(フランスの革命)はまだ終わっていない”と発言している大臣もいました。すなわちこの分裂は現在もまだ続いていると言えるのです。

共産主義というのは社会主義などと同様、左翼的傾向のうちの1つです。(“左翼的”とは何かは、今後の内容でもう少し詳しく説明します)
今の世の中における最新のgauchismeとは、人類が原因とされる地球温暖化を主とした環境主義(écologisme)です。

“L’écologie”とは”環境を守ろう”という活動や考え方でとても良い事ですが、”écologisme”はそれを違う目的で利用するというイデオロギーです。

共産主義や社会主義が”人々のため“とうたいながら実はまったくそうではなかったように、果たして実際は本当に環境の改善につながることを考えての主義なのでしょうか。

Jacinta Marto キリスト教 カトリック ヨーロッパの歴史 ファティマの奇跡

次回以降、全5回シリーズで、次のようなことをお話していく予定です。

パート2:“ファティマの奇跡”をきっかけに、ポルトガルが中立な姿勢を取り戦争に加わらなかった事で、世界の歴史が大きく変わったこと。


パート3:“ファティマの奇跡”とこの3人の子供達の、現実となった予言について。


パート4:“ファティマの奇跡”、3つ目の願いの本当の意味とは?


最終回:この子供達が伝えたかった事と、現代のécologismeとの関係性ついて


いつの世も、真のヒロイン・ヒーローというのは、世界中が注目する映画やマスメディアで大きく取り上げられる人々とは全く似つかないものです・・・

パート2へ続く・・・

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


DATE : 2020.01.21