ブログ

Blog

ブログ記事

フランスの歴史的なデモ:フランスのニュース

Bonjour c’est Fred,

歴史的なデモ フランス パリ

歴史的なデモ フランス パリ


2021年7月24日フランスの歴史上、一番大きいデモが起きた

それはフランスのすべての大都市でおきました。フランス革命の時のデモよりも、1968年の時のデモよりも、そして3年前の黄色いベスト運動のデモよりも、ずっと大きな規模のものでした。
フランス デモ フランス デモ
黄色いベスト運動は、元々は市民の抗議運動だったものが、暴力的な極左勢力が加わる事で本来の姿を大きく変え狂暴化し、ネガティブな報道をされるようになりました。その暴力のせいで数千人の市民が大けがをしました。

一方、今起きている大きなデモの数々は、多くの一般市民が立ち上がっていますが、マスメディアでは”極右やIQの低い人達によるデモ”と語られます。
どうしてこのような報道がされるのでしょうか?
今日のブログを読みながら、その理由も理解して頂けることを祈って書いてみます。

私は、これからもこのデモは続いて欲しいし、本当に歴史的な出来事であると思います。デモに参加している大勢のフランス人は、私がこのブログで話してきていることに対して同じような考えを持っています。

フランス文化を本当の意味で理解するためには、この巨大デモの理解は欠かせないでしょう。
なぜなら、テレビ、映画、メディア、歴史の本などで学ぶ”フランス”は本当のフランスではなく、フランスにある”共和国”による喧伝にすぎないためです。
例えば、ロシアの文化を学びたい人は、ロシア共産主義党の作った本やメディアや映画を見ても、役に立ちません。フランスの場合も同じ。20年間フランスに住んでいても、その仕組みをわかっていない人が多いです。フランス文化とフランスにある”共和国”のシステムは全く別ものなのです。

フランスだけでなく日本をはじめ、現代の世界全般がそうとも言えますが、この”システム”に社会が完全に取り囲まれてしまっているので、その中にいる人達にはその大枠が見えてきません。その”システム”が当たり前という前提で、問題を見せてもらわないことで違和感を感じる事もなく暮らしているからです。
ここが大きなポイントですが、多くの人はなかなか気づきません!!

しかし今ヨーロッパで起きているデモの数々は、そんな”違和感”に立ち上がった人達です。

まず、デモの短い動画を実際にご覧ください:
(動画が表示されない方は日付上辺りにある”pic.twitter.com/…”というリンクのところをクリックしてみて下さい)


↓こちらはポワチエの役所に入り、現大統領の肖像画を投げ捨て、踏みつける市民

フランス デモ フランス デモ
デモはフランスだけではなく、同時にイタリア、イギリス、オーストラリア、ギリシャなどでも。

みんながゆっくりオリンピックを観ている間に、世界中では何百万人がデモをしています。色々な意味で、これは人類史上、大きな動きであると言えるでしょう。そしてこの歴史的なデモの結果によっては、日本の方々の暮しや人生も大きく変わると思います。欧米に起きることは、時差を経て日本社会にも起きるからです。

そもそもなぜこんなデモが起きるかって?
それは世界規模の歴史的な危機が起きているからです。日本の皆さんにも気づいて欲しいです。目を覚まして欲しいです。マスコミがほとんど触れない理由、これまでのブログでも何度も説明しましたよ!

”命を守る”意味。ちょっと1回だけ考えてみてください:日本の厚生省の発表では、ワクチン接種後に750名以上が既に亡くなっています

つまり、まだ亡くなっていないけど”重症”の人はその何10倍かわかりませんが、いるはずです。
それなのに、テレビをはじめマスメディアでは触れられる事は少なく、繰り返されるのは”無症状感染者”=健康な人を含む感染者の数。
これの現実をおかしいと思わないと、これは完全に、テレビというウイルスに”思考回路”をやられてしまっている証です。そうです、本当のウイルスはテレビな訳です。ニュースとして、伝えるべきなのは、健康だけど陽性がでちゃった人の数ではなくて、ワクチンで亡くなった人やワクチンで重病の人の数だよ!

上の動画を観ると、デモに参加しているフランス人はいろいろ。女性が特に多いです。とにかくみんながこの基本的な人権を無視した独裁政権状態の政府のやり方に反対しているのです。みんなが一つになって、人間の根本的な自由、権利を守ろうとしている。独裁的な法律に反対している。これこそが命を救うことに繋がると考えているからです。

デモしているフランス人が知っていて日本人が全く知らない情報とは?
その情報については、2年前からブログで書いていますので、今のフランスや世の中を理解したい人は是非今こそ読んでください。
そして日本国内の大切な情報についてもあまり大きく報道されていません。




フランス語

2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞したフランスのウイルス学者リュック・モンタニエ博士の発言↓

おかしな事や嘘を”ルールだから”と受け入れてしまう事は大きな問題です
参考:アメリカで0~6歳までに接種するワクチンの数↓
フランス語教室

現在起きている事の問題の1つに、どんな情報を”信じるか”という問題があります。
日本人の多くに見られるのは、”科学に基づいて”というポイント。しかし実際それは、”その科学を信じている考え”を信仰しているに過ぎません。
ワクチンやマスクの効果等々、コロナ禍だけではありませんが、実際には科学ではなく信仰になってしまっている事に気付きません。これはテレビをはじめとしたマスメディア信仰が原因です。朝から晩までマスメディアから繰り返し聞かされていると、それは”本当”になってしまうのですが、真実は実は別にある事が多いです。

これ↓を読んで、今置かれている状況を真剣に考えなければいけません。
多くの人が”信じている”ことが原因で、守れた命が奪われています。自由も。
フランス語会話
※青空文庫で無料で読めます。

今回のコロナ騒ぎによる茶番の数々は、あまりに嘘が大きく、そして多かったから、かえって目が覚めた人がたくさんいます。本来の理性や科学を否定しすぎた、政府をはじめとした権力者達の嘘はもう通らなくなりつつあります。

多くのフランス人や欧米人が、”共和国”の嘘も、”民主主義”の嘘も、そして60年代からヴァチカンにある”偽カトリック教会”の嘘も、コロナ禍を通してようやく理解できるようになってきたように思います。

すべての嘘、すべてのプロパガンダが終わりに近づいていることを祈っています。

今は善vs悪という第三次世界戦争の真っ最中です。真実vs嘘。悪意あるエリート支配層とそのプランに参加する盲目な市民達vs人類の基本人権の為に立ち上がる市民達。
オリンピックを観ている間に、”真の現実”からどんどん置いていかれないように気を付けてください!それは悪意あるプランに参加している事になります。(伊丹監督の文章と重なりますね)

2年前から発信しているブログについて

長いブログをここまで読んで下さりありがとうございます!
全体像を理解して頂くために、過去に書いた内容を改めて紹介させて頂きます。

1)今回のフェイクパンデミック(プランデミック)についての記事。科学は理性に基づくべきで、信仰ではない。

2)今回のフェイクパンデミック(プランデミック)。歴史や宗教を知らないと、世の中の理解は不可能です。自分は無宗教だと思っていても、私達が住む世界の支配層には宗教があります。そこが見えないと全体像が見えてきません。

↑ アメリカ人医師の訴え。彼はユーチューブで削除されちゃった。
マスクを1年中朝から晩までつけているのも信仰です。”気持ち”の問題になっています!
以前も別の動画を紹介しましたが、実際のところ科学的な根拠はなく、マスメディアがウイルスへの恐怖を煽って押し付けている事に従っているだけです。マスクは人々を洗脳するための道具のひとつに過ぎません。

現代の日本や一部のフランス人の中には、宗教観が無くなってしまっているため、かえって”宗教と科学の区別”ができなくなってしまっています。
そのために科学ではない信仰を誤って信じてしまうケースが非常に多い。

マスメディアで報じているから=本当
または
マスメディアで報じていないから=嘘
という理論は科学ではありません。

一方、フランスがかつてそうだったように、例えばキリスト教カトリックの場合は、宗教の信仰とは関係ないものを理性的に、科学的に説明しなければいけないという考えがあるからこそ、ヨーロッパの科学は発展していました。
今でも実際に使える科学には、キリスト教が土台のヨーロッパから来ているものが多いです。
(とはいえ、政治的な”偽の科学”もたくさんありますのでこちらも過去のブログを読んでください!)

そして今回のフェイクパンデミック(プランデミック)を仕掛けた人達の考えを理解するためにも、彼らが最も嫌うカトリックを理解する事も欠かせません。是非ブログ読んで理解を深めて下さい。

1)まずは今回のフェイクパンデミック(プランデミック)ついての記事(時系列):
コロナウイルス/COVID-19 について フランスとイタリア

新型コロナと世界の動きについて

新型コロナウイルス(海外からのニュース)その2

コロナ騒ぎは世界規模のフェイクニュース? 3/3

日本人にとっての神様はテレビですか?

フランス人医師達が語るコロナに関するフェイクとは?

新型コロナで真のヨーロッパはどこへ向かうのか?

パンデミック?プランデミック!

ヨーロッパから最新ニュース:フランス語学校のブログ


2)今回のフェイクパンデミック(プランデミック)、その理由について:
ヨーロッパとキリスト教 ファティマの奇跡 その1)

何百万もの命を救った羊飼いの子供 その2

何百万もの命を救った羊飼いの子供 その3

何百万もの命を救った羊飼いの子供 その4

何百万もの命を救った羊飼いの子供 その5

西洋社会の仕組みを理解する手紙


最後まで読んで下さりありがとうございます!!!
今起きている事が、これまでと違う角度で見えてくることを祈っています!

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


タグ: , , , , , , DATE : 2021.07.31