ブログ

Blog

ブログ記事

パンデミック?プランデミック!

Bonjour c’est Fred,

コロナが猛威をふるっている!変異株が次々と!ワクチンの登場で解決できる!
と思っている皆さん。もう少し冷静に、何が起こっているかを考えてみて下さいね。

インフルエンザはワクチン接種しても罹ります。
この世には様々なウイルスや細菌が存在しています。

あんなに煽られた”新型コロナの恐怖”、ワクチンの副作用や死亡がたくさん報告されても同じように煽らないのはどうして?
ウイルスが呼吸器系から体内に入るのはNGで、ワクチンで体内に入れるのはOK!?
ワクチンの話しばかりで、”効くはずの薬”に触れられないのはどうして?

おかしな騒動、煽られるままにウイルスの恐怖から抜け出せない人達のために、
分かり易くまとめられた日本語のチャートをインターネットで見つけました!

チャートはこちらから拝借

C’est bien fait! (これはよくできている!)

そう、このウイルス騒ぎは、その目的が予め用意された”プランされたパンデミック=プランデミック”なのです。その目的が達成されるまで、”ウイルス怖いよ”は続く可能性があります。

上記のチャートにあるそれぞれのイベントについては、記載されている団体が公式に発表していますので、気になる方はインターネットでご自身でも是非色々調べてみて下さい。
GoogleよりDuckDcukGoの方が、こういう場合の必要な情報が手に入りやすいかもしれません。
(検閲が自分の身の回りにある話しだと、気付いていましたか??)

表中に登場しているPCR検査を考えたキャリー・マリス氏は、
この検査を感染症検査の目的に使用してはいけない、と警告を出していました。
その後コロナ騒ぎの前に死去。

感染症対策と言いながら強いられているおかしな対策にも目的達成のための意味があります。

フランスでは、経済学者で長年にわたり政府のアドバイザー的存在のジャックアタリが 1990年代からこの計画について話をしていましたよ。


このような計画を以前から見聞きしていた人達は、昨年からのPCRを用いたコロナ騒ぎの様子を見て、この計画が進行中であることを理解しました。
(私も一年前からずっとブログで叫んでいるつもりですが・・・)
そしてまさかの計画通り、ワクチンパスポート登場!!
マスメディアの報道を見て、あまりにわかりやすい誘導の仕方に驚いた人々はいるのです。

どんな事でも騒ぎの真っ最中にいると気付かない事が多いですが、冷静になって少し俯瞰してみると、別の構図が見えてくることがありますよ。

欧米では、このような事態に声をあげている人達がたくさんいます。
なぜならこれは人命と人権に大きく関わる問題だからです。
日本にも、お医者さんや専門家でもいますよ。ただマスメディアが取り上げないだけです。

人為由来の温暖化も似たようなものです。
二酸化炭素を敵にして、このままでは”呼吸するから環境汚染する→税金!”なんて、笑い話ではないですよ。
”温暖化パニック”のからくりについては過去のこちらのブログ→このページ中央の5番から


↑歴史には二つある:一つは公式の歴史、すなわち嘘の歴史。そしてもう一つは秘密の歴史、すなわち実際に起きた出来事の原因となる歴史。
~Honoré de Balzac、バルザック―フランス文学界で最も有名な一人

バルザックが言いたかった事は、”教科書通りの歴史を信じていては、本質が見えてこない”ということです!
=マスメディアの言っていることをそのまま鵜呑みにしていたら、本当に重要な事は見えてきません。

Vous ne comprenez toujours pas pourquoi ils veulent nous vacciner maintenant?
それでもあなたは、なぜ今、彼らが我々にワクチンをすすめるかを理解できませんか?


DATE : 2021.03.15