トップページ > フランス語会話学校について > 当フランス語学校のスタッフ紹介:ヒロミ

当フランス語学校のスタッフ紹介

当フランス語学校のスタッフ紹介

日本人スタッフ

フランス語

BONJOUR!

皆様、こんにちは!
私は高校生の時に、フランス映画がきっかけでフランス語の音に魅了され、
フランス語を勉強してみたいと思い、大学の仏文科に入学しました。
初めてフランスを訪れたのは、大学2年生の時です。
その時の感動は今でも忘れられません。
絶対にいつかここで暮らしたい!とその時に決心しました。

その頃大学では、文法や読み書き中心の学習で会話練習の時間がほとんどなかったので、
現地に行ってもなかなか思うようにコミュニケーションをとることができませんでした。
いつか留学したいという思いもあったので、
卒業後はなるべく週一回でもフランス人と会話する時間を作るようにしました。
そうして実感したのは、フランス語を実際に話してみること、発音してみることの大切さです。
文法等、頭ではわかっているつもりでも、実際に会話のなかで使おうとすると、
全然出てこなかったりします。発音も自分では合っているつもりでも、全然通じていなかったりします。
フランス人と会話することによって、また間違いをきちんと直してもらうことによって、
自分の弱点に気付くことができ、曖昧だった部分がはっきりとわかるようになりました。

その後、念願かない、フランス北部の街、リールに留学しました。
リールはパリからTGVで1時間のところにあり、
ベルギーの街やロンドンにも電車で簡単にアクセスできます。
残念ながら、よいお天気に恵まれる機会が少ないのですが、
その分、リールの人々はとてもあたたかい人が多いように思います。
フランス滞在中は、大学で映画の勉強をしたり、
日本食レストランでアルバイトをしたり、地方都市を訪れたり、
蚤の市巡りを楽しみました。
蚤の市でみつけた、アンティークのカフェオレボウルたちは私の宝物です。
(ちなみに、リールでも年に1度、ヨーロッパ最大の蚤の市が開催されます!必見です!)

ア・ラ・フランセーズ フランス語学校は、アットホームな雰囲気の中、
少人数制の会話中心のレッスンを行っており、フランス語を楽しくしっかりと学びたい方には最適 な環境です。
また振替や作文添削など、様々なサービスで生徒さんのフランス語習得を支援しています。
自分自身の経験から、例え週に1、2時間であっても、フランス人との会話の時間を設けることは
とても効果的だと思います。ア・ラ・フランセーズでぜひその効果を実感してみてください。

みなさんの「フランス語が話せるようになりたい!」という思いに応えられるよう、
心をこめてサポートしますので、気軽に声をかけてくださいね。

<< スタッフ一覧へ戻る

ページのトップへ