トップページ > フランス語会話学校について > 当フランス語学校のスタッフ紹介:フレデリック

当フランス語学校のスタッフ紹介

当フランス語学校のスタッフ紹介

フランス語の講師

東京都内のフランス語学校

フレデリック

Q:簡単に自己紹介をお願いします。

A:Bonjour! みなさん、こんにちは!フレデリックです。東京での暮らしを始める前にフランスのいろいろなところで暮らしました。(ボルドー、バイヨンヌ、ヴェルサイユ、アルプス地方、コルシカ、カンヌ・・・)そしてロンドンでも暮らしました。ロンドンではフランス語を教え、日本人観光客を相手にした仕事もしていました。彼らとよりコミュニケーションを取りたいと思い、語学と文化を学ぶために日本に行く決心をしました。

私はボルドーのメドック地区の出身です。この地区はシャトーとブドウ畑で知られています。それにこの地区は数年前から、シャトーのなかを走り抜けるメドックマラソンで有名になりました。このマラソンは、世界で一番時間のかかるマラソンだと言われています。なぜならランナーは最高級のワインや、アルカションの牡蠣、さらにボルドー風リブロースを味わうために立ち止まることができるからです!

Q:フランスの何が好きですか?

A:フランスのそれぞれの地方がもつ、伝統と風景が好きです。また建築物や美術館、カフェにおいてパリが好きです。フランス映画でしたら、どんなジャンルでも好きです。(パニョル、コクトー、ルノワール、ヌーヴェルヴァーグ、コメディー、刑事ものなど)
実際、フランスで一番好きなことは、シンプルなこと、小さな幸せです。例えば、カフェに行くこと、マルシェでの買い物、家族との食事・・・、また骨董市も大好きです。


Q:生徒さんにフランスの何を紹介したいですか?

それでしたら、骨董市と村祭りについてお話したいです。フランスでは、5月から9月の終わりにかけて、骨董市やフリーマーケットのシーズンになります。年に2回、住民はいらなくなったものを売ることができるのです。そこでは、安価でどんなものでも手に入れることができます。小さい村々でもこのフリーマーケットは行われ、夜には大きなテーブルで食べる屋台などが並びます。
ぜひ、フランスでこの骨董市やフリーマーケット巡りをすることをお勧めします、なぜなら、地元の人と話をしながら観光することができる、とてもよい方法だからです。ただ見るだけの”観客”としてではなく、話す”俳優”になってみることで、あなたのフランスに対する見方が変わることでしょう!

Q:ア・ラ・フランセーズで好きなところは?

ア・ラ・フランセーズでは、生徒さんはクラスの主役です。というのも、純粋なコミュニケーションに基づいた当校のメソッドにより、最大4名までの少人数制のクラスで生徒さんはたくさん話すことができるからです。毎週生徒さんが上達していく様子にとても満足感をおぼえます。もし生徒さんがご自身のクラスを欠席する場合、振替システムによって他のクラスのレッスンを受けることができ、結果レッスン料が無駄になりません。これはとてもおもしろいシステムです、なぜなら振替によって、生徒さんたちは新しい仲間に出会うことができ、また違う講師のフランス語に触れることができるからです。

また、当校は恵比寿と代官山両方の駅から近いところにあります。この辺りには、フランス料理のレストランや、感じのよいカフェ、テラス席、おいしいパン屋さん、さらにワイン専門店まで、たくさんのお店があり、まるでフランスにいるかのようです。

ア・ラ・フランセーズ フランス語学校で、今度はあなたがご自身について、いろいろお話ください!

en francais

Q: Pourrais-tu te présenter en quelques mots ?

A: Bonjour à tous, moi c’est Frédéric.

Avant de découvrir Tokyo j’ai habité un peu partout en France (à Bordeaux, à Bayonne, à Versailles, dans les Alpes, en Corse, à Cannes) puis à Londres où j’ai enseigné le français et où j’ai aussi travaillé avec des touristes japonais. C’est en voulant mieux communiquer avec eux que j’ai décidé de venir au Japon pour apprendre la langue et la culture.

Je viens de Bordeaux plus exactement du Médoc, une région connue pour ses châteaux et ses vignobles.
D’ailleurs depuis quelques années le marathon des châteaux du Médoc aussi est devenu célèbre.
On dit que c’est le marathon le plus long du monde car les coureurs peuvent s’arrêter pour déguster des grands crus, des huîtres d’Arcachon ou encore une entrecôte bordelaise!


Q: Qu’est-ce que tu aimes en France ?

 

A: j’aime les paysages et les traditions que les différentes régions françaises peuvent offrir.
J’aime aussi Paris, son architecture, ses musées ses cafés.
j’aime le cinéma français et tous les genres de films (Pagnol, Cocteau, Renoir, Nouvelle Vague, comédies, policiers etc …)
En fait ce qui me plaît le plus en France, ce sont les choses simples, les petits bonheurs comme on dit : aller au café, faire les courses au marché, faire des grands repas et aussi j’adore les brocantes.

 

Q: Qu’est-ce que tu voudrais présenter aux élèves de la France ?


A: Justement je voudrais vous parler des brocantes et des fêtes de villages.
De mai à fin septembre en France c’est la saison des brocantes et des vides greniers.
Deux fois dans l’année, chaque habitant a le droit de vendre des objets dont il ne se sert plus.
On peut y trouver n’importe quel objet et à un très bon prix.
 Même les plus petits villages en organisent et souvent le soir il y a de grands repas organisés.
Je vous conseille vivement de visiter la France en faisant les brocantes car c’est un très bon moyen de visiter un village en parlant avec ses habitants.
Avoir un rôle d’acteur plutôt que de spectateur changera votre vision de la France.

 

Q: Qu’est-ce que tu aimes à A la française ?

 

A: “A la française”  les étudiants sont les acteurs principaux de la classe car la méthode qui est vraiment basée sur la communication pure offre la possiblité de parler énormement en classe (4 étudiants maximum).
C’est très satisfaisant de voir les étudiants progresser rapidement.
Si un jour un étudiant ne peut pas venir dans sa classe, le système de furikae lui permet de ne pas prendre de retard en cours et de ne pas perdre d’argent.
C’est amusant car avec ce système, les étudiants ont l’occasion de rencontrer de nouveaux camarades et d’entendre des professeurs différents.

 

Et puis l’ école est située à Ebisu et tout près de Daikanyama.
On peut y trouver beaucoup de bons restaurants français, pleins de petits cafés, des terrasses , de très bonnes boulangeries et aussi de nombreuses boutiques de vin!
On se sent un peu comme en France !

Je vous attends donc à “A la française” où j’en suis sûr vous aurez, à votre tour, beaucoup de choses à me raconter!
A bientôt!

<< スタッフ一覧へ戻る

ページのトップへ