トップページ > ブログトップ > Si on allait manger chinois? (中華を食べに行かない?)

フランス語学校 ブログ

Si on allait manger chinois? (中華を食べに行かない?)

2014.07.16 Blog ブログ

フランスBonjour! ひろみです。

フランスはパンがおいしい国ですが、パンよりも圧倒的にご飯派な私は
フランス滞在中、おいしいパンが食べられる喜びよりも、
和食や中華が恋しい気持ちのほうが勝っていました。

フランスには、日本料理や中華料理のレストランはたくさんあるので困らないのですが、
フランスの大半の日本食レストランはお寿司と焼き鳥がメインであることが多く、
中華料理のレストランはメニューも豊富で、日本で食べる中華とはまた一味違った中華が食べられるので、おすすめです!
ランチメニューであれば、前菜・メイン・デザートのセットで5ユー ロ台から食べることができ、
気軽に利用できます。学生にとってはありがたかったです。
友人たちとよく食べに行っていました。

私が住んでいた地方都市には、エビワンタン麺が美味しいと評判の中華レストランがありました。
初めて食べたときは、日本のこってり系のラーメンに飢えていた私にとっては、
物足りなく感じられました・・・。
しかし、その後何度か食べに行くうちに、だんだんとぷりっぷりのボリューミーなエビワンタンと
あっさりしたスープの味わいのとりこになっていき、
時々無性に食べたくなる、お気に入りの一品になりました。
また中国人経営の日本食レストランでアルバイトをしていたときは、
まかないがいつも中華料理で、従業員みんなで大皿を囲むのですが、
中華大好きな私にとっては、今日は何かな??と毎回楽しみでしかたがありませんでした。
味もとってもおいしかったです。

中華料理は私のフランスでの思い出の味のひとつになっています。

みなさんもフランスでパンやフレンチに食べ飽きたときには、ぜひ中華をお試しください!
-- 
************************************
ア・ラ・フランセーズ フランス語学校



ページのトップへ