トップページ > ブログトップ > Bonjour, c’est Chris!

フランス語学校 ブログ

Bonjour, c’est Chris!

2014.06.09 Blog ブログ


Bonjour!クリストフです。

私が育った街、オルレアンはよく『ジャンヌ・ダルクの街』と呼ばれています。道を散策していると、中心街に彼女の大きな像を見ることができます。さらに、その像の近くには彼女が住んでいた家が復元されており、現在は博物館になっています。

ジャンヌ・ダルクに関しては、様々なうわさ、歴史、そして映画があります。それはこの人物が現在でもなお、謎に包まれているからです。オルレアンはジャンヌ・ダルクの街と呼ばれていますが、実は彼女は1412年にアルザスの小さな村で生まれたとされています。

彼女の生涯について一番有名な説は、農村の少女であったジャンヌは13歳のときに聖人たちの声が聞こえるようになり、100年戦争の際にイギリスからフランスを解放する任務を託され、そして、オルレアンを解放し、1431年にルーアンで異端者として火刑に処されたという説です。

しかし、ある説では、この歴史上の人物はイギリス政権を衰退させるため、農村の少女に扮した貴族であったとされています。またしばしば、彼女はルーアンで死んでおらず、処刑はただの見せかけであり、この処刑のすぐ後、結婚したとも言われています。

写真はwikipedia:
 http://fr.wikipedia.org/wiki/Orl%C3%A9ans

      

Le tramway à Orléans




La cathédrale Sainte-Croix vue depuis la Loire


ページのトップへ