フランス語学校 ブログ

編み物

2017.03.22 Blog ブログ

Bonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

少し季節がずれましたが・・・、今年に入ってから編み物を始めました。
以前からやってみたいな~と思っていましたが、なかなかその一歩を踏み出せずにいました。

が!今年に入って一念発起。毛糸屋さんが経営しているカフェで編み物を教わっています。
毎週行く教室型ではないので、不定期ではございますが、”通っています”(といっても今年に入って2回しか行ってない・・・)。
おばあちゃんになる前に、編み方を覚えておきたいのと、
最近の既製品は、素敵なデザインが多いけれど、質と値段のバランスが悪いこともあって、
それならば、自分でできるものは作ろうじゃないか!と思ったのがきっかけでした。

ちなみに、フランス語で”編み物”は、”le tricot”、
”編み物をする”は、”faire du tricot”と言います。
毛糸”la pelote”と、編み針”les aiguilles à tricoter”を使っての編み物。
必要なものはたったこれだけ。

さて、フランスで、今、編み物が流行っているのか? 周囲のフランス人に尋ねてみても、皆一様に”Non”。
編み物は普通、部屋の中で籠ってするものですから、外を出歩いているだけでは見えてこない。。
恐らく流行っていないのでしょうね。。
手芸店の数や規模から考えても(パリと東京の比較になりますが)、東京のほうが圧倒的に店が多いですし、
規模も桁違いだと思いますから、やっぱりフランスでは流行っていないのですかねぇ!

↓有名なモード雑誌の表紙に編み物が!昔は流行っていたんですね!
フランス語学校 ブログ
(Couverture de Marie-Claire 1939年)

フランス語学校 ブログ
(Couverture de Elle 1947年)

というわけで・・・私が現在取り掛かるは、定番のマフラー。
編み目がぐちゃぐちゃでも一見ではわかりづらい黒色モヘアの毛糸と、シルクのリボンで。
フランス語学校 ブログ
(編みかけのマフラー)

かぎ針ですら使ったことのない私にとって、棒針の難しいことったら・・・。
つるつるすべって毛糸がうまく絡んできません(絡まなくていい時は絡んでくるのに)。
コツや慣れもあるのだろう、と、とにかく時間の空いた時に、コツコツと進めています。
おしゃべりなんてしようものなら、すぐに目を間違えるので、ひたすら黙って続けています。

既製品の美しいマフラーももちろん素敵ですが、自分で作るマフラーを
使うのが楽しみです♪ 
マフラーが完成したら、次は欲張ってセーターでも編みましょうかねぇ~

編み物好きな生徒さんがいらっしゃれば、是非作品を見せてほしいなぁ、と思います!

それでは、À la prochaine!



twitterinstagramもよろしくね♪


BLOG TOPはこちら


ページのトップへ