トップページ > ブログトップ > 私の思い出の場所 ~シャンパーニュ地方

フランス語学校 ブログ

私の思い出の場所 ~シャンパーニュ地方

2016.10.01 Blog ブログ

Bonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

先月、「フランス地方都市」をテーマにcafe samediが開催されました。
その時、私にとって思い出深い地方・・・ いろいろな記憶、感覚を研ぎ澄まして
(大して研ぎ澄ますほどのものはありませんが)
しばらく余韻に浸って思い出したのが、シャンパーニュ地方でした。
フランス語学校 ブログ
(シャンパーニュの景色 unescoのサイトより)

シャンパーニュ地方はシャンパーニュ=アルデンヌ地方という呼び名が正しく、ランス(Reims)はその中心都市です。
パリからTGVで約45分で行けるので、日帰り旅行される方も多いかもしれませんね。
飲む”シャンパーニュ”はこの地方で造られるスパークリングワインのことで、
それ以外の場所で作られるワインをシャンパーニュとは名乗れません。
フランス語学校 ブログ
(シャンパーニュ comite champagmeのサイトより)

さてさて、学生時代、私は同級生のご両親が住むシャンパーニュ地方へ遊びに行きました。
ご両親は事情があって別々の住まいだったので、幸運にも(?)
どちらのおうちにもお邪魔することができました~。
友達のママの家は瀟洒な佇まいで、お庭は広大、部屋の中はキャンドル(bougie)で灯され、
テラスには素敵なテーブルとイス。
まずはテラスで乾杯、ということで、もちろん、シャンパーニュを一杯いただきました。

夏の昼下がりに飲むシャンパーニュ・・・最高です。
そこの家族はシャンパーニュのメゾンではないのですが、
自宅の四方がシャンパーニュメゾンに囲まれていることもあって、
何十ケースも毎年購入するため、自宅にはたくさんのシャンパーニュが保管されていました。
そのためとても気前がよく、グラスが空にならないように、常に見張られて(いえ、気を配っていただいて)、
何度飲んでも湧き出る泉のようになくならず・・・。

とっても美味しいし、高価なものなのでありがたいのですが、あんなに
死ぬほどシャンパーニュを浴びて飲むのは・・・と思うくらいにいただきました🍷
ご家族の方たちと談笑しながら、ゆったりとした雰囲気のなかでシャンパーニュを飲むのは格別でした。
先日鑑賞した映画「ブルゴーニュで会いましょう」を思い出します(詳しくは先に載せたブログをご覧ください!)。

その夜、友達が「秘密の場所へ連れて行くよ」と車を走らせること30分。
電気の明かりは全くない、月の明かりすらもうっすらで、30cm先に何があるのか、
足元はどうなっているのか全然わからない状況だったのですが、
空を見上げると、恐ろしいくらいの星!小さな星、大きな星、大星雲、と
空は信じられないくらいの様子でした。
そのあと、見上げていた首をふと元の位置に戻すと、遠くからうっすらと白い影が。
しかもこっちに近づいてくる・・・。これはまさか初めてのゴーストでは、
なんて思っていたら、なんとなんと白い馬!!ものすごく感動してしまって、
あまりに胸がいっぱいになって涙がぽろり。

こんな素敵な思い出が詰まった旅はなかなかないように思います。
みなさんの思い出の旅、場所ってどこですか。
教室にいらっしゃった際、思い出の旅のお話し是非聞かせてくださいね!

A la prochaine !

  ♪秋のフランス語講習会 いろいろ開催します!詳しくはこちらのページをご覧下さい♪

♪ブログはtwitterでもフォロー中!ブログ以外にも時々つぶやいてます♪


BLOG TOPはこちら


ページのトップへ