トップページ > ブログトップ > 砂糖とフランス語の勉強との深い関係について。。。

フランス語学校 ブログ

砂糖とフランス語の勉強との深い関係について。。。

2014.11.28 Blog ブログ

Bonjour, c’est Fred.


マインドコントロールのテストとフランス語の勉強というのは
関係が全くないようで、実は深い関係があるのでは・・・!?ということで、
ちょっと考えてみました。
私の考えでは、マインドコントロールには3つの種類があります:

1)一つ目はメディア、教育、映画、音楽などなどからの影響。
今日はこれについてはお話ししません。
前の記事は何件もこれについて話しています。
 (ご興味がある方はNovlanguenovlangue2ユーロ危機フランス革命フランス建築などについての記事をご覧下さい)
2)哲学からみれば、また他の種類があります:
これについても、今日はお話ししませんが、ご興味がある方はこちらを見て下さい。
プラトン白隠キリスト教についての記事)

3)3つ目のマインドコントロールの手段として:
一番知られていない種類で今日少しだけ初めて話します。

食べているものによって(飲み物を含めて)性格、精神状態、脳の病気、神経、集中力、記憶力、落ち着き・イライラなどなどに大きい影響を与えています。

つまり、食事生活は自分の性格、気分、行動力、行動の仕方に大きく影響するとされています。悪い影響を与える食べ物・飲み物にいつのまにかマインドコントロールされてしまっています。

このビデオはそれを説明していますが、
同じことを証明しているビデオ・本は他にたくさんあります。

このビデオの中で一番強調しているポイントは、脳に悪い影響を与えている砂糖です。
たとえば落ち着きがない子供、または暴力をする人の食事生活を見ると、
砂糖などの割合が大き過ぎて、砂糖をなくすと行動も改善されるという科学的な実験を紹介しています。

ではここで、どうしてそれがフランス語の勉強と関係あるかというと・・・
食事習慣によって、集中力、記憶力などは変わりますので、
是非みなさん、調べてみて下さい。

ビデオはこちらです:音声は英語+フランス語そしてフランス語字幕
https://www.youtube.com/watch?v=K6OYrkyYiDY 
フランス語、英語の良い学習にもなりますね!



ページのトップへ