トップページ > ブログトップ > 映画「Le fils de l’Autre」

フランス語学校 ブログ

映画「Le fils de l’Autre」

2014.12.06 Blog ブログ

Bonjour ちえです!

先日のブログに引続き、
今回は「もうひとりの息子」というフランス映画のご紹介です。
この映画は、イスラエルとパレスチナの子の取り違えが発覚し、
今後この家族はどのように生きていくか、というお話です。
内容も大変良かったですし、また映画中でたくさんの言語が登場し、
そちらへも興味が湧きました。
フランス語、英語、ヘブライ語、アラビア語、を皆さん良く使い分けて会話をしているのです。
舞台がフランスなので、主にフランス語での会話となる訳ですが、
フランス語がわからない場合は英語で話したり、
また後半部分での、ユダヤ人、アラブ人がお互い相手国の言語で挨拶を交わしたりと、
とっても穏やかで良い気分になりました。
当校でフランス語のレッスンを受けられている生徒さんは、お仕事で使われたり、
またはご旅行でフランス語を話されたい、と目的は様々だと思いますが、
語学は相手を理解する、また自分を理解してもらう、とても素晴らしい手段ですね。
わたしも早くフランス語&英語を話せるようになりたいです!
 
********* 
ア・ラ・フランセーズ フランス語学校 


ページのトップへ