トップページ > ブログトップ > ルーヴル美術館展

フランス語学校 ブログ

ルーヴル美術館展

2018.06.14 Blog ブログ

Bonjour りょうこです。
先週のゆうこのブログに引き続き、今日も美術館がテーマです!

先日、国立新美術館で開催されている”ルーヴル美術館展”に行ってきました。

フランス語学校のblog

こちらの展覧会、
古代から続く芸術の中にある”肖像”にスポットをあて、
時代によってどんな風に、どんな人たちの”肖像”が描かれ
人々に受け入れられてきたのか、というのがテーマです。

時の権力者である場合や、社会的影響を与えていたアイコン的な人々を描いたもの、などなど…
今の時代に照らし合わせながら鑑賞すると、とても面白いです。

フランス語学校のblog
作品画像はルーヴル美術館展HPより

自分の富や地位を示すために自らが被写体になる人、
ある人々の力や人気を利用し、影響力を広めたい場合、
そこには思想を広げたりイメージを植え付けるための様々な工夫があるように感じました。

そんな”芸術の本当の目的”を考えながら鑑賞する一方で
見とれてしまったのは、一つひとつの作品の技術の素晴らしさです。

フランス語学校のblog


作品画像はルーヴル美術館展HPより

今の時代はこんなに”便利な”世の中なのに、
昔の人々が造った彫像や描いた絵画の驚異的な技術。

そこはどんなに時が経ても変わらないものなのだな、とただただ感心してしまいました。
是非実物をご覧になって下さい。

さて、時々当校のブログにも登場しますが、”企業やブランドが芸術を支援する”というメセナ。
これはフランス語のメセナ(=mécénat)がそのまま使われているんですよ。ご存知でしたか?

今回のこの展覧会の主催者である日本テレビは、
まさにメセナとしてルーヴル美術館の支援に携わっています。

見えないところで、
実に多くの芸術的な活動が企業とつながっているんですね。

ルーヴル美術館展は9/3まで開催しています。
サイトはこちら



*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ