トップページ > ブログトップ > ラミィキューブ(Rummikub)

フランス語学校 ブログ

ラミィキューブ(Rummikub)

2016.12.23 Blog ブログ

Bonjour!ひろみです。

年末年始、家族や友人同士で集まってワイワイする機会も多いと思います。
来年1月に当校で開催されるSCRABBLEもそんな時にぴったりですね?
けっこうご存知の生徒さんも多かったことに驚かされました。
とても楽しそうで、こういったゲームが大好きな私は
もし生徒さんだったら、ぜひ参加したい!と思いました。^^
まだ空きがありますので、興味のある方はお早目にお知らせくださいね~!
詳細はこちらです。

さてさて、私はフランス留学時代、このSCRABBLEはやったことはなかったのですが・・・
別のゲームを友人宅で知り、とってもハマってしまったのです。
それが、ラミィキューブ。
フランス語学校 恵比寿

フランス語学校 恵比寿
(画像はAmazonより)
ラミィキューブはイスラエル発祥の数字パズル的テーブルゲーム。
赤、黄、青、黒の4色の1から13までの数字が書かれたタイルと2枚のジョーカーのタイルを用い、
同じ数字で違う色の組合せ、もしくは同じ色で連続した数字の組合せを考え、
場に出していき、手持ちのタイルが無くなった人が勝ちです。
一見シンプルなようでいて、ゲームをやっていくうちにとっても奥が深いことがわかります。
ただ自分のタイルを場に出すだけでなく、既に場にあるタイルと自由にアレンジができるので、
すごく頭を使うんです!
ルールは簡単なので、覚えてしまえば、子供から大人まで誰でも楽しめます。
オールマイティに使えるジョーカーもあり、思わぬ大逆転もありえるので、
最後までハラハラドキドキ、スリリングで本当に面白いゲームです。

フランスで友人宅で知ってから、すぐにおもちゃ屋さんに買いに走りました。
フランスでは、持ち歩き可能な缶ボックスに入ったタイプが売っていました。
フランス語学校 恵比寿

その後自宅でパーティー(fête)をする度に、このゲームで遊んでいたのですが、
このゲームを知らない友人たちは最初ルールを覚えることを面倒くさがり、
あまり乗り気ではなかったのですが、一旦ゲームが始まると私より熱中して遊んでました。(笑)
そして、後日、”あのゲームを購入したよ~”と教えてくれたりしました。

日本ではAmazonでも購入できます。
こちらより

ルールはこのページが詳しくてわかりやすいです。

言葉で説明しても、このゲームのおもしろさはなかなか伝わらないかと思いますが、
みなさん、年末年始の集まりでぜひぜひ遊んでみてください♪
(トランプ2セットでも同じように遊べるらしいです。)


それでは、Bonnes fêtes!


ブログはtwitterでもフォロー中!インスタグラムも始めました♪


BLOG TOPはこちら


ページのトップへ