トップページ > ブログトップ > ベンチ(banc)

フランス語学校 ブログ

ベンチ(banc)

2017.02.22 Blog ブログ

Bonjour !
こんにちは!
ゆみこです。

今回のお題はベンチ・・・。
某国語辞典によると、ベンチというのは、”誰でも利用しうるように置いてある簡単な長椅子”、とのこと。
フランス語では”banc”、なかでも公共のベンチのことは”banc public”と言います。
私は散歩が好きで、天気の良い日はブラブラしているのですが、日本では、途中で疲れて座りたいと思っても、
この”ベンチ”を見かける機会が少なく、探してもなかなか見つかりません。。
さらに、「ここならきっと!」と思いつく先の公園に行っても、ベンチが置いてないところもあり、
そうなると、地面や階段に座り込むわけにもいかないので、
カフェに入るのですが、カフェの気分でないときなどは、仕方なく・・・という感じになってしまいます。
そういう時が少なくないです。

フランスにいたときは、「ちょっとこんなに要らないでしょ~」と思っちゃうくらいあちこちにベンチがあって、
背もたれのあるベンチに座ろうものなら、1時間は座り続けていました。
東京へ出てきてからはベンチがないことに本当にがっかりしますが、
特に、私よりお年をめしている方や体の不自由な方もいらっしゃいますので、ベンチがあったほうがいいのにな~と思います。

さて、パリのベンチは、
こんなふうや↓
フランス語学校

あんなふうや↓
フランス語学校
のもありますが、
とてもフランスらしいな、と思うのはこのベンチ↓
フランス語学校

知らない人と背中合わせで新聞読んだり、コーヒー飲んだり。
時々、人の読んでるものをチラっと覗いて、面白そうなものだと、話しかけてみたり。
気さくに些細なことを話すことができる環境っていいですよね!

そうそう、”ベンチに纏わる恋”をうたう歌もあります~。
Georges Brassens(ジョルジュ=ブラッソンス)の歌う
” Les Amoureux des bancs publics (邦題:ベンチの恋人たち)”。
とても素敵な歌です。聴いてると微笑ましい気持ちになります。是非聴いてみてください!
you tubeはこちらから ( avec paroles 歌詞付き)

ベンチの周囲でおこるいろんな出来事。
想像するだけでなんだか楽しいです!
日本にももっとたくさんのベンチが設置されますように・・・と願って。

それでは、À la prochaine!



twitterinstagramもよろしくね♪


BLOG TOPはこちら


ページのトップへ