トップページ > ブログトップ > フランス語検定

フランス語学校 ブログ

フランス語検定

2015.02.19 Blog ブログ

Bonjour りょうこです!

超久しぶりに受けた試験 フランス語検定準1級に合格しました〜!

力試しと基礎の再復習をテーマに臨み、
実際に受けると、自分の力不足に加え、試験というのはとても緊張するもので
後悔ばかりで ”大切なのは合否じゃない!”と思ってはいたものの、
やはり合格すると嬉しいですね。。。(o^。^o)

今年始めのブログにも書かせて頂きましたが、
私は、今回の試験対策として、全くの入門から総復習しました。

上達を目指すために、せっかく工夫して作った教材だもの!
基礎の総復習には、この furago.com (※)の教材を有効に使えたと思います。

基礎の学習は、よっぽどパーフェクトな語学力がある方以外は、
意外と忘れてしまうポイントや出来ていないポイントも多く、
私にもそんな弱点がたくさんありました。

自分にとって”超簡単では?”と思うものも、面倒がらずに再度復習しました。


furago.com
当校の生徒さんは教室でも販売していますので、スタッフにお声かけて下さい。

中級以上は、それに加え、語彙や表現力も必要になってきますので、
とにかくいろいろな知識を詰め込もうと思ってしまいがち・・・
でも、基本がきちんとできていないと、せっかくたくさん覚えた語彙も使いこなせません。
結局ちゃんと伝わらない・・・・
これはよくある落とし穴だと思います。

そこでまず、難しい言い回しや単語を使うことを考えず、
易しいテーマや単語を、基本の文法を使ったシンプルな言い回しで、
いかに正しく伝えられるかというのを徹底するのが大切なのでは?と思います。

そこがきちんとおさえられるようになったら、
日々のニュースに目を通すことを習慣付けるという方法を、私は今回とってみました。
フランス語検定対策であれば、
日本の時事問題や世界的に話題になっている内容を
今はネットで、フランス語で見つけることはそう難しくありませんので是非やってみてください。

試験対策ですと、
”名詞化”とか”前置詞の使い方”など、独特な出題傾向があり
そのための教材もたくさんあるようです。
それをひとつ一つ覚えていくことももちろん大切ですが、
いかに試験を離れて、日常使いが出来るようになるかを目標にするという意味では、
基礎をかためた上で、日々読み込むことを自分でコツコツしていくのも良いのではないでしょうか。

私は今回 ”試験” に頼って自分に学習を課しましたが、
それにとわられず、今後も定期的に続けていきたいなと強く感じました。

みなさん一緒にフランス語がんばりましょう!
 
ただ一方で、資格マニアという言葉を耳にしたことがありましたが、
今回久々に資格試験を受けてみて、そんなマニアの気持ちが分からなくもないような・・・!?

一年に一回の資格試験・・・
次は語学と全く関係のない、簿記にでも挑戦してみようかな〜

*****
フランス語学校 アラフランセーズ
東京都 渋谷区 恵比寿・代官山


ページのトップへ