トップページ > ブログトップ > フランス語のお菓子のブログ

フランス語学校 ブログ

フランス語のお菓子のブログ

2018.03.19 Blog ブログ

Bonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

みなさまはご自宅でお菓子を作られますか?

私はもともとお菓子を作るのが好きでしたが、最近はさらに拍車がかかった気がします。
きっかけは・・・明らか。
フランスのテレビ番組”Le meilleur pâtissier”の影響です・・・。

フランス語学校のブログ
(現場の様子。写真の女性は挑戦者のひとりです。)

2012年からM6というテレビ局で放送されているこちらの番組では、
お菓子を愛する選ばれしアマチュアの方達が、与えられたお題に従って、
テクニック、想像力などを駆使してお菓子を作り上げ、競い合います。
出来上がったお菓子は、有名なフランスのパティシエであるシリル・リニャック(Cyril Lignac)や、
ブロガーおばちゃんとして有名なメルコット(Mercotte)の二人によって採点され、
最後に、最優秀パティシエ”Le(La) meilleur(e) pâtissier(ère)”が選ばれます。

フランス語学校のブログ
(座っている二人が審査員)

番組ももちろん面白いのですが、今回わたしがご紹介したいのは、
Mercotteのブログ”La cuisine de Mercotte”!

ブログはこちら

先日、どうしてもレモンパウンドケーキ(Cake au citronとかWeek-end citronと呼ぶ)のいいレシピを見つけたくて、
いろいろなレシピをチェックしたのですが、その中で一番おいしそうなケーキが作れそうだったのが、メルコットのレシピでした。
(といっても、ケーキのタイトルは”Cake au citron Pierre Hermé(ピエール・エルメのレモンケーキ)”
でしたので、厳密にいえば、メルコットのレシピではありませんが・・・)

フランス語学校のブログ
(MercotteのCake au citron Pierre Hermé)

実際ケーキを作ってみて、その出来上がりに大満足!!
私は、レシピ外ですが、広島産レモンの”シトロンコンフィ(citron confit)”を小さじ一杯ほど入れてみました。
程よく酸っぱさが加わって、爽やかなケーキとなりました。
これからの季節にぴったりですね!

Mercotteのレシピは、フランス語が全部わからなくても、辞書を片手に進んでいけば、上手に焼けます。
各レシピの下には、印刷用にPDFのレシピがありますので、印刷して、そこに書き込んで、
フランス語の勉強のために保管しておくこともできますね。

それでは、à la prochaine !

ゆみこ

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ