トップページ > ブログトップ > フランス生まれの靴

フランス語学校 ブログ

フランス生まれの靴

2016.11.04 Blog ブログ

Bonjour そのこです!

今日はフランス生まれの靴を紹介します!
フランス語学校 スタッフブログ

PALLADIUM(パラディウム)、ご存知ですか?
この秋、黒いハイカットスニーカーが履きたくて、懐かしいPALLADIUMを選びました。
懐かしい・・・そう、学生の頃に流行ったことがあったのです。

PALLADIUMの歴史は100年近く前に遡ります。
1920年に航空業界向けにタイヤを製造する会社としてフランスで創業。
その後、短期間で世界規模のシェアを獲得。
この間にキャンバス地とゴムを組み合わせた耐久性に優れた製法を開発。
第二次世界大戦後にタイヤの需要が減少したのに伴い、1947年からゴムとキャンバスの専門知識を活かして、
航空機タイヤのように頑丈なキャンバスブーツの製造をスタートした・・・とのこと。

フランス語学校 スタッフブログ
箱には DEPUIS 1947 とあります。

今はこんなレインブーツもあります!
フランス語学校 スタッフブログ
これは友人のものです。赤がすてきですね。

レインブーツもカラーヴァリエーションが豊富でとっても可愛いですよ!!
このソールなら、キャンプの時などにも安心ですね~
レインブーツも気になるなぁ・・・

フランス生まれのすてきなもの、沢山ありますよね。
PALLADIUMの会社は元々タイヤを造っていたとは知らなかったわたし・・・
身近に使っているフランス生まれのものの歴史を知るのも愉しいなと感じました。

 
♪ブログはtwitterでもフォロー中!毎日フランス語つぶやいてます♪


BLOG TOPはこちら


ページのトップへ