トップページ > ブログトップ > フランス人の目からみた日本-その1

フランス語学校 ブログ

フランス人の目からみた日本-その1

2006.04.10 Blog ブログ

Le Japon vu par des Français – 1

A moins de 10 minutes à pied de l’école A La Francaise, il y a la rivière Méguro qui est bordée des deux côtés par de magnifiques cerisiers en fleurs, sur plusieurs centaines de mètres. C’est un spectacle vraiment magnifique !
Quand je suis venu pour la première fois au Japon, je n’ai pas bien compris l’intérêt du « Hanami » et j’ai été très déçu que les cerisiers japonais ne fassent pas de cerises !
En effet, en France, j’attendais chaque année avec impatience la floraison des cerisiers, non pas pour les fleurs, mais parce que plus il y a de fleurs, et plus il y a de cerises. En général, en France, les cerisiers font des cerises, et il y a beaucoup de champs de cerisiers. Dans le jardin de mes parents, on ramasse chaque année plusieurs kilos de cerises. Beaucoup d’étudiants en ramassent et gagnent ainsi un peu d’argent de poche. C’est pourquoi quand j’ai vu qu’ au Japon, ces magnifiques cerisiers ne faisaient pas de cerises, j’ai été très déçu, et j’ai vivement ressenti la différence culturelle. Pour moi, un arbre fruitier qui ne faisait pas de fruit était un peu inutile.

Quelques temps après, dans un supercmarché à Tokyo, j’ai vu que l’on vendait des cerises en boîte ! Ça aussi cela m’a choqué ! J’ai toujours mangé des cerises qui avaient été cueillies le jour même ou la veille, je ne pouvais pas imaginer que l’on en mange en boîte…
Maintenant, je peux apprécier Hanami, et je recommande aux Japonais d’aller dans le sud de la France pendant la saison des cerises ! Mais attention, si on en mange trop, ça donne mal au ventre ! Je me dis aussi maintenant qu’heureusement que les cerisiers japonais ne font pas de cerises, car sinon, à cause des corbeaux, on ne pourrait même plus faire Hanami !


フランス人の目からみた日本-その1

ア・ラ・フランセーズフランス語教室から徒歩10分ほどのところに目黒川があります。川沿いの両側には、数百メートルに渡って美しい桜の花が満開です。その光景はとても美しいものです!

私が初めて日本に来たときには、“花見”の良さがよく分からず、さくらんぼの実をつけない日本の桜にとてもがっかりしました。
というのも、私は、フランスでは、毎年桜の花が咲くのを楽しみに待っていたものですが、それは花をめでるためだけでなく、たくさんの花が咲いただけ、たく さんのさくらんぼの実がなったからです。

フランスでは、通常、桜の木にはさくらんぼが実ります。また、さくらんぼ畑もたくさんあります。私の両親の家の庭では、毎年何キロものさくらんぼが採れま す。また、学生の中にはさくらんぼの収穫の仕事をしてお小遣いを稼ぐ人もいます。

こんな理由から、日本では、美しい桜が実を付けないのをみて、私はとてもがっかりしたものです。この“桜”を介して二つの国の文化の違いを感じました。な ぜなら私にとっては、果物の木でも実のならない木は少し無意味に感じたからです。
そんなことを考えていた頃から少し経ち、東京のとあるスーパーで、缶詰めのさくらんぼが売られているのを目にし、ショックを受けました!なぜなら私は、いつも、その日もしくは前日に収穫されたさくらんぼを食べていたからです。缶詰めされたさくらんぼを食べるなんて、想像したことがありませんでした・・・

現在では、私も“花見”の良さが分かるようになり、日本人のみなさんには桜の咲く季節の南仏地方をオススメします。でも注意してください、さくらんぼはた くさん食べ過ぎるとお腹を壊してしまいます!

私は今では、こうも思います;
幸いにも日本の桜はさくらんぼの実を付けない、なぜならカラス達のせいで花見ができなくなってしまうところだった!


ページのトップへ