トップページ > ブログトップ > フランスの田舎

フランス語学校 ブログ

フランスの田舎

2013.08.06 Blog ブログ

Bonjour まよです!

フランスに行くと、美味しいものを食べて、かわいいものを探して、美術館に行って・・・
など盛りだくさんの予定を入れてしまいますが、
たまには少し足を伸ばして田舎に行くのもとてもよいですよ!

写真はブルゴーニュの田舎です。
広大な草原に馬や牛がいます。
動物以外にも、麦畑やジャガイモ畑、お花畑など季節によってさまざまな風景を楽しむことができます。

ブルゴーニュは特に、Côte d’or(コート・ドール)といって、黄金の丘とも訳されます。
なだらかな丘がずっと続く地域で、大きな山などが見えないため、空がとっても大きく感じられます。
こんな大きな空の下でお散歩したり、お茶をしたりして一日を過ごすと、空の色の綺麗さや、自然の空気をたっぷりと感じられ、また違う刺激を受ける ことができます。
また、秋にはブドウ畑が金色に色づき、本当の黄金の丘を見ることができます。
とても素敵な地方です。
日本の北海道と少し似ています。

実際に田舎に行く場合は電車やバスだと行けないところも多いので車が必要になりますが、
パリからTGVに乗ってどこかの地方都市に行くとき、こんな景色に出会うことができます。
ぜひ、電車の旅も楽しんでみて下さい!


**************
ア・ラ・フランセーズ フランス語学校 東京都渋谷区恵比寿西1丁目17-9・1階




ページのトップへ