トップページ > ブログトップ > フランスのマルシェで発見!

フランス語学校 ブログ

フランスのマルシェで発見!

2012.10.19 Blog ブログ

フランスの野菜 フランス語 学校 教室 会話 アラフランセーズのブログ みなさん、こんにちは! ひろみです。

秋刀魚や栗ごはんがおいしい季節ですね~。

見てください!

フランスのマルシェで発見した手のひらから飛び出すほどのサイズの特大ピーマン(フランス語で Poivron)です。
これはかなり大きいほうですが、 一般的にスーパーなどで売られているピーマンも
日本のピーマンの3~4倍の大きさです。 しかもかなり肉厚なんです。

ちなみに、”ピーマン(Piment)”という呼び名は、フランスではトウガラシのことを指します。
ピーマン以外にも、きゅうり(Concombre)も日本のものと比べるとかなり大きめです。

フランスでは野菜やフルーツは量り売りのことが多く、
マルシェではお店の人が量って値段を教えてくれますが、
大型スーパーでは自分で量らないといけません。

野菜を袋に入れ、計りに置いて、画面の野菜の名前もしくは画像をタッチすると、 値段が印刷されたラベルが出てくるので、それを袋に貼ります。
これを忘れてレジに行ってしまうと、その野菜の購入をあきらめるか、
もしくは、後ろに並んでいる人に待ってもらって、野菜売り場に走らなければいけない・・・
なんてことになります。

フランスのスーパーやマルシェに行く機会があれば、野菜売り場をちょこっと覗 いてみると
日本ではあまり見ないものもあったりして、おもしろいですよ♪
************** 
ア・ラ・フランセーズ フランス語学校


ページのトップへ