トップページ > ブログトップ > フランスのクラフトビール

フランス語学校 ブログ

フランスのクラフトビール

2018.03.30 Blog ブログ

Bonjour そのこです!

フランスと言えば、ワインですが、今日はビールの話。

数年前からクラフトビールが流行っていますよね。それは世界中で、のようです。
わたしはビール好きですが詳しくはないです。
夫は飲食店をしていまして、そのお店にフランスのクラフトビールを仕入れたということから、
クラフトビールのことを少し夫に教えてもらいました。

クラフトビールの火付け役はスコットランドの会社が出した「PUNK IPA」。
このビールの人気がとても出たことで、日本でも地ビールが増えたそうです。
地ビール、美味しいですよね。ラベルもステキなものが多いですよね!

ヨーロッパでは、香りを楽しむエールビール(上面発酵という作り方)やホワイトビール(小麦が多い)が主だったそうです。
このような古典的なビールを現代的な味にアレンジしたクラフトビール、
フランスのものはあまり日本には入ってきていないようです。

輸入会社のリーフレットには・・・
「フランスはビール醸造所数、世界第3位でありながら、
地産地消、小規模運営のこだわりで輸出があまりありませんでした。」と書いてあります。なるほど。

8種類のフランス産ビールが載っているリーフレット。
原材料を見ると、麦芽やポップがほとんどですが、
中にはライムピールとバジルが入っているビールやエルダーベリージュースが入っているものもありました。
フルーティーなビールもいい香りだろうし美味しそうですよね~

夫はお店に2種類を仕入れたそうです。
(ライムピールのやエルダーベリージュースが入っているのではなかった・・・)
そのうち、1種類がつい先ほど届きました。

フランス語学校のブログ
「L’ANGELUS」ランジュルスという名のフランスビールです。

こちらはオレンジピールとコリアンダーが入っています!フルーティーな香り?スパイシーな香り?
うまく調和されているのでしょうね!

・・・ということでまだ飲んではいないのですが、また機会があれば感想をお伝えします。
もう1種類はいちばん人気で欠品中だそうなので、そちらが届くのも楽しみです。

フランスビール好きな生徒さん、おススメがあったら教えてくださいね!

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ