トップページ > ブログトップ > フランスと日本のユーモアの違いについて

フランス語学校 ブログ

フランスと日本のユーモアの違いについて

2006.05.10 Blog ブログ


海外で暮らしていく上で一番理解に苦しむもののひとつがユーモアです。
それぞれの国には、独特のユーモアがあります。
フランス人はユーモアが大好きで、フランスで人気があるフランス映画といえばコメディーが多いです!

日本人のもつフランス映画のイメージは、実際のフランス人の好みに合っていないものが多いように感じます。その反面、フランスで成功を収めたフランスのコ メディー映画のうち、日本で上映されるものは少ないです。これは、フランス人と日本人の間の“ユーモア”が時に大きく異なるからです。

フランスと日本のユーモアの大きな違いのうちのひとつに、日本では、笑いをとるために、ある動きやリズムを伴っているということがあります。アンガールズ やレーザーラモンHG、“ゲッツ!”の彼や“あるある探検隊~”の二人、それから“甘~い”のあの人、それから大きな二人と小さな団長の安田大サーカス、 “武勇伝デンデンデデデン~”などなど・・・これらのお笑い芸人はある動きや繰返しで笑いをとります。“ヒロシです・・・”もそうですね。しかしフランス では、このような方法では、あまり人を笑わすことができないと思います。しかし”劇団ひとり”みたいなお笑い芸人はフランスでも成功出来ると思います。

フランスでは、政治の話題がよく笑いのネタに扱われますが、日本のお笑い芸人の中に政治をネタにしている人は少ないのではないでしょうか?フランスのお笑 い芸人にとって重要なのは動きより、その内容です。面白おかしく、時には世の中を痛烈に批判します。


ページのトップへ