トップページ > ブログトップ > パリで自転車はいかが?(フランス語学校のブログ)

フランス語学校 ブログ

パリで自転車はいかが?(フランス語学校のブログ)

2018.04.10 Blog ブログ

みなさまBonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

パリで自転車。想像してみてください!
歴史ある建物のなかを駆け抜け、
目的はあってもなくても、探検気分でパリを巡る。
パリで自転車、フランス語学校
(パリを自転車で)

素敵ですよね!でも、石畳や坂を自転車こぐのはつらい。。。
電動自転車さえあれば楽なのに、と何度も思いました。

東京でも、区によっては自転車シェアリング(コミュニティサイクル)があって、
すべて電動自転車です。パリにもこんな自転車があればいいのに。

そしてそんな思いが現実となりました!パリ市の自転車レンタルシステム
”Velib’ ヴェリブ”に、電動自転車が導入されたのです。
2018年1月1日より、旧ヴェリブが一新され、新型Velib’ ヴェリブへ。
そして約24500台のうち、30%を電動自転車が占めるのですって!

パリで自転車、フランス語学校
(旧ヴェリブ)

パリで自転車、フランス語学校
(新ヴェリブ) 
※ブルーのVelibが電気自転車

これでどんなガタガタ道も、モンマルトルまでの急な坂道も、すいすい。

使い方など詳しくはこちらのサイトでご確認くださいね。

自転車はフランスでは車両扱いとなり必ず車道を通らなければなりませんので
走行の際には十分にご注意ください!

ちなみに・・・数年前よりパリとパリ近郊の大気汚染が非常に問題となっています。
汚染の値が基準を超えると、緊急措置として、数日間、車の利用を避けるようパリ市より通達があります。
(ナンバープレートの番号で偶数日と奇数日に分けられ、利用が制限される)
そういう期間は、ヴェリブをはじめバス、地下鉄などの公共交通機関がすべて無料となるんですよ!
こんな潔い?決断と実行、いいですよね。

次回パリを訪れた際には、電動自転車に乗ってみたいと思います。
その時の様子はまたいつか!

それでは、À la prochaine!

ゆみこ

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ