フランス語学校 ブログ

パフェ

2017.04.15 Blog ブログ

みなさま、bonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

今回は、”パフェ”についてお話ししたいと思います。
あぁ、パフェ!私の好きなデザートの一つです。パフェならば、その中身についてはうるさく言いません。
ただし、いろいろな種類が入っていることが前提です!

さて・・・パフェの語源をご存知の方はいらっしゃいますか。
パフェは、フランス語の”parfait (=完全⦅な⦆という意)”から来ています!
実は、なんとなくそうではないかなと思っていました。なぜなら、パフェというデザートは完璧だからです。

某仏語辞典を見てみますと、”parfait”には上記のとおり、形容詞と名詞の役割がありますが、
名詞の2番目にほぼ登場する意味が、今回のテーマである、お菓子の”パフェ”です。
パフェの定義を確認しますと、
”crème glacée d’un seul parfum, moulée dans une forme conique”とあります。
翻訳すると、”一種類のアイスクリームを使って、円錐形の型におさめたもの”なので、
日本のパフェと似ていないこともありません。
それでは、Wikipediaを見てみましょう!フランス語バージョンでは(en version française)、
以下のように書かれています。
”un dessert glacé sans cuisson à base de crème fraîche et d’œufs et d’un élément donnant le parfum
(alcool, purée de fruits frais ou secs, vanille…) ”。
つまり、クレームフレッシュ、卵、そして、アルコールやフルーツのピュレなど
香りを与えるものがベースとなった氷菓子”ということです。
えっ!なんだか私の想像していたものと違います。。。

ところで・・・フランス人は実際、パフェを口にするのでしょうか。
そもそも、私はフランスのレストランやカフェで、”パフェ”を食べている人を見かけたことがありません。
周囲のフランス人に聞いても、やはり”見たことない”し、”たぶんメニューにも載ってないよ” ということでした!
それよりも、”dame blanche”のほうが有名で、パフェと同じ感じじゃないかな、という話も耳にしたので調べてみますと、
”dame blanche”とは、バニラアイス、(溶かした)チョコレートや生クリームを盛りつけたもののようです。

フランス語学校
(こちらが dame blanche です)

確かに!これは日本でもよく見るパフェですね。
もし、フランスへ行った時に、パフェが食べたくなったら、
”une dame blanche, s’il vous plaît!”とお店の方に注文しましょう!

そして、わたしが今一番食べたいパフェはこちら!
フランス語学校

(写真はPierre MarcoliniのHPより拝借)

すっかりお馴染みとなったショコラティエ(chocolatier)、
ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)のパフェです❤
写真向かって左のパフェが”チョコレートパフェ”、右が”キャラメルパフェ”。
どちらも絶対に美味しいはずですよね~!!

みなさまはどんなパフェがお好きですか?
それでは、à la prochaine!



twitterinstagramもよろしくね♪


BLOG TOPはこちら


ページのトップへ