トップページ > ブログトップ > パトワ(patois)って?!

フランス語学校 ブログ

パトワ(patois)って?!

2014.08.01 Blog ブログ


Bonjour c’est Christophe,
Bonjour!クリストフです。



Les patois sont des langues minoritaires parlées en France 
et qui sont parfois très différentes du français que nous utilisons tous les jours. 
A vrai dire, le français n’a remplacé le latin comme langue officielle en France que depuis 1539. 
Mais même après cela, les Français utilisaient divers patois 
dans la majorité des situations de la vie quotidienne.
パトワ(patois)は、フランスで話されている少数言語のことであり、
私達が日常使用しているフランス語とは時に大きく違っています。
実は、フランス語は1539年からラテン語に代わり、フランスの公用語になったのです。
しかし、その後もフランス人は日常生活の大多数の場面で様々なパトワを使っていました。



Voici un exemple des diverses langues qui ont été parlées simultanément en France pendant de nombreux siècles :

これが多くの時代にわたってフランスで同時に話されていた、様々な言語の例です:
地図引用サイトはこちら


C’est seulement à partir de 1880 que l’enseignement dans les écoles se fait uniquement en français 
et que les patois commencent à disparaître. Mais on peut encore entendre quelques patois en France. Ces langues sont parfois très éloignées du français classique.
1880年になってようやく、学校教育がフランス語のみで行われるようになり、
パトワは徐々に消滅していきます。
しかし、現在でもフランスではいくつかのパトワを耳にすることができます。
これらの言葉は、標準的なフランス語とはかなりかけ離れているときもあります。

Voici un petit exemple dans les rues de Quimper en Bretagne où les panneaux sont écrits à la fois en français et en breton :
これがその例の一つで、ブルターニュ地方のカンペールの道の標識が
フランス語とブルトン語の両方で書かれています。




Source : http://fr.wikipedia.org/wiki/Patois
写真引用はこちらより

************************************
ア・ラ・フランセーズ フランス語学校


ページのトップへ