トップページ > ブログトップ > なつかしのCD:フランス映画

フランス語学校 ブログ

なつかしのCD:フランス映画

2018.02.15 Blog ブログ

みなさま、Bonjour ! こんにちは!
ゆみこです。

本日はパリのことではなく、フランス映画のCDについてお話ししたいと思います。

”Les Demoiselles de Rochefort(ロシュフォールの恋人たち)”という映画をご存知ですか。
ジャック・ドゥミ監督・脚本の映画で、主演をカトリーヌ・ドヌーヴが演じています。
ドヌーヴの実姉、フランソワーズ・ドルレアックやジーン・ケリーも出演しているミュージカル映画です。

フランス映画音楽
(カトリーヌとフランソワーズ姉妹)

映画の舞台は、題名にもあるRochefort(ロシュフォール)。フランス南西部にある小さな街です。
その街で生まれた、パリ行きを夢見る双子姉妹が繰り広げる出来事を描いています。
ちなみに、”Demoiselle”は、”未婚の女性”を意味します。

1967年公開なので、もう50年も前の映画!
私がこの映画に出会ったのは、もちろん、1967年ではありません。
高校生の頃・・・とでも言っておきましょう。
アメリカの音楽や映画しか知らなかった時分に、突如現れたフランス映画。
その時の衝撃は今でも忘れません。

映画の内容ももちろん素敵なのですが、この映画で一番いいのは、音楽!
軽快で、フランスっぽくて、大好きです。映画を観てすぐにCDを買いました。
(当時は”音楽をダウンロード”なんてありませんでした・・・)
フランス映画音楽
(CDジャケット)

家にいる時も、散歩の時も、ドライブに出掛ける時も、どんな時も心躍らせてくれる。
自分の描くフランスが、このCDの中にギュッと詰まっていて、”フランスって やっぱりいいな~”
と何度も思わせてくれます。

Youtubeで観たり聴いたりできますので、是非一度チェックしてみてください。
(wikiはこちら
きっとますます、フランスのこと好きになりますよ♪

それでは、à la prochaine !

ゆみこ
*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ