トップページ > ブログトップ > お気に入りのインテリアショップ①

フランス語学校 ブログ

お気に入りのインテリアショップ①

2017.09.11 Blog ブログ

Bonjour!ひろみです。

私は昔からインテリアに興味があり、
今も昔もインテリア関係の雑誌や本を見たり、
ネットで素敵な部屋を見るのがとても好きです。

お気に入りの家具や雑貨に囲まれながら、
次はこんな感じにしよう、この家具を買おう、この人の部屋は素敵だな~、など
想像したり、考えたりしてる時間が至福のひと時です。

フランスに住んでいたとき、初めてのひとり暮らしがスタートしたときは
不安もありましたが、食器を揃えたり、ベッドリネンを選んだりしている時間が
とてつもなく楽しい時間でした。

以前ブログでご紹介したように、私の部屋は5畳ほどの小さな小さなワンルーム。
家具付きでしたので、部屋には既にベッド、机、棚がありました。
フランス語学校

インテリアが好きと言いつつ、決しておしゃれな部屋ではありませんでしたが、
私が特にこだわったのは、ベッドリネンでした。
なぜかというと、小さな部屋ではベッドの占める割合が多く、ベッドカバーなどで部屋の印象がだいぶ変わったからです。

ひとり暮らしをする前から、実は目をつけていたベッドカバーがありました。
それは、habitatというインテリアショップのベッドカバー。
フランス語学校
(写真はwikiより)

habitatは元々イギリスで創業され、その後1973年にフランスに上陸しました。
あの有名なザ・コンランショップと同じデザイナーさんのブランドです。
フランス国内には35店舗以上あり、フランス人にとってはお馴染みのインテリアショップ。
IKEAとテイストは似ていますが、IKEAと比べるとお値段が少し高めなだけあって
高級感があり、ベッドリネンはとても上質に感じます。

ラッキーなことにこの素敵なインテリアショップが私が住んでいたリールにもありました。

私は生活雑貨の大部分はIKEAで揃え、時々キッチン雑貨や食器でお気に入りをみつけては
habitatでちょこちょこ買い物していました。

特にベッドカバーは一目惚れしてしまうほどの素敵なデザイン。
カラフルな色使いが本当に好みで溜まりません・・・。

②につづく・・・
(次回、私が一目惚れしたベッドカバーをお見せしますね!)

*********
twitterinstagramもよろしくね♪

BLOG TOPはこちら


ページのトップへ