トップページ > 当校の特長 > 学校の雰囲気

フランス語学校 学校の雰囲気

当校の雰囲気

当校の雰囲気ついて

東京にあるフランス語学校の多くは、ビルのなかの一室でレッスンを行っています。蛍光灯が使われた殺風景な部屋は、オフィスの雰囲気に似ています。このような環境ですと、仕事を忘れ、リラックスしてフランス語に集中することが難しくなります。

ア・ラ・フランセーズは、こじんまりした日本庭園に囲まれた一軒家を借りて、洋風インテリアの教室でレッスンを行っています。当校のある、代官山・恵比寿エリアもとてもおしゃれで素敵なところです。当校はお仕事の後やどんな時でも生徒たちがリラックスしてフランス語を学べるようにと考え、創設されました。

他の多くのフランス語学校とは違い、各教室はきちんと区切られており、他の教室の声や音に邪魔されることはありません。冬は床暖房を使用しますのでとても快適です。

当校の“アットホーム”な雰囲気のおかげで生徒たちは、楽しいひと時を過ごすことができます。

当校は生徒たちが効率的でありながら同時に楽しく快適にフランス語を学べる環境であるように、常に気を配っています。授業以外でも、受付まわりで講師やスタッフとお茶を飲みながら楽しくおしゃべりができる場が設けられています。

当校のその他の特長についてはこちら



フランス語学校


フランス語学校の雰囲気 フランス語学校の雰囲気

ページのトップへ