フランス語学校 ア・ラ・フランセーズ フランス語学校 ー 東京

フランス語のRの発音、フランス語でRが2つあります!

フランス語のRの発音、フランス語でRが2つあります!

フランス語のRの発音 フランス語学校 フランス語のRの文字の発音の仕方は2つあります。

ア・ラ・フランセーズ フランス語学校では入門クラスからその違いをきちんと教えます。その理由は、後で悪い癖がつかないためにです!

この、2つのフランス語のRの違いを理解するために、まずフランス語の子音の2つの種類を知ることが必要になります。

フランス語の子音の中には無声子音と有声子音があります。

無声子音は:F, S, CH, R(一つ目), K, T, Pです。
有声子音は:V, Z, J, R(二つ目), G, D, Bです。

無声子音の場合は空気を吐きます。有声子音の場合はその空気+音(声)も出します。

例えば:FとVの作り方は同じです:上の歯を下の唇にあてて、空気を吐く=F, 同じポジションで声も出すと=Vになります。
Rもそうです:空気だけのRと声も出すRがあります。

フランス語のRの発音
ア・ラ・フランセーズ フランス語学校では全くの初心者の場合も、無料体験レッスンの時におよそ3分で無声のRを完璧に生徒さんに発音させることができます。

体験レッスンの時に、場合によってはついでに、日本人にとって一番難しい有声のRも発音させたりします。本当は有声のRが出来るようになるために、まず無声のRに慣れる必要があります。そのため難しくはないですが、まず無声のRに慣れるために、ちょっと時間が必要です。なぜなら、3分で完璧に発音できるようになっても、意識せずに会話中で出来るようになるために、会話の練習が必要だからです。

どちらかのRしかできない場合、それでもフランスで通じますが、特に歌などに興味がある方にとっては有声のRは欠かせません。

日本ではフランス語のRの発音は難しいというイメージがついてしまったのですが、分かり易い説明があれば、難しくありません!そんなに難しかったら1分から3分の短い時間で発音出来ないはずですが、99%の生徒さんは、当校の無料体験レッスンの時に出来るようになりますよ!

ページのトップへ